山形県飯豊町が行うふるさと納税の内容

山形県飯豊町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

飯豊町の紹介とふるさと納税の推移

飯豊町は、山形県南西部に位置し、南部は福島県に隣接する人口7,458人を有する町です。地域は雄大な飯豊連峰や朝日連峰に隣接しており、「日本で最も美しい村連合」の一員にもなっています。町の北東部は良質米の産地であり、全国的にも知られている米沢牛の、約4割を出荷している町でもあります。
飯豊町のふるさと納税は、制度初年平成20年から24年までは、41万円~16万5,000円の間で推移をしています。しかし、平成25年には1,594件の寄附に対して16,583,000円が寄せられており、翌26年には7,534件に対して寄附金額が104,075,310円と大きく増加をしています。平成27年はより多くの件数が寄せられており、寄附件数11,524件で寄附金額は168,733,902円となっています。

ふるさと納税で行う事業について

山形県飯豊町ではふるさと納税の活用として、4つのプロジェクトと、町長おまかせメニューとして事業を町長が認定する、5つの使い道を設けています。プロジェクトにはそれぞれ、「いいで人をつくろう」、「魅力あふれるめざみの里」、「飯豊ブランド化」、「いいでまちづくり推進」と命名されており、各内容に関係のある事業に寄附金が利用されます。例えば、「いいで人をつくろう」プロジェクトには、人材育成の推進に関する事業、音楽からのまちづくり推進事業、子育て支援や教育に関する事業があります。また、「魅力あふれるめざみの里」プロジェクトの場合には、田園や山里などの地域資源や景観の保全事業、環境に配慮した暮らし推進事業、安全安心なまちづくり事業があり、申込ではそれぞれの事業を確認し、好きなプロジェクトに寄附をすることができます。

ふるさと納税で贈られる返礼品について

山形県飯豊町では、寄附金額に応じて返礼品の贈呈を行っています。希望者は設けられたコースから商品を選び、ふるさと納税の申込をすることができます。コースは、5,000円以上10,000円未満から200,000万円以上まで全部で6つがあり、飯豊町の特産品を中止として商品がラインナップされています。最も商品数が多いコースは10,000円以上30,000円以下となり、ここでは17商品が用意されています。内容としては、飯豊の地酒として大吟醸・特別純米酒があり、どぶろく、ワイン、「おっかのしゃえっこ」特産品段ボール詰め、米沢牛など地域の逸品が揃えられています。因みに、飯豊町はどぶろく特区の認定を受けており、どぶろくは地域ならではの返礼品となります。
最も手軽な5,000円の返礼品は、特別栽培米はえぬき、秘境の湧き水2L6本入りとなり、2商品から選ぶようになります。

ふるさと納税で行う事業について

山形県飯豊町ではふるさと納税の活用として、4つのプロジェクトと、町長おまかせメニューとして事業を町長が認定する、5つの使い道を設けています。プロジェクトにはそれぞれ、「いいで人をつくろう」、「魅力あふれるめざみの里」、「飯豊ブランド化」、「いいでまちづくり推進」と命名されており、各内容に関係のある事業に寄附金が利用されます。例えば、「いいで人をつくろう」プロジェクトには、人材育成の推進に関する事業、音楽からのまちづくり推進事業、子育て支援や教育に関する事業があります。また、「魅力あふれるめざみの里」プロジェクトの場合には、田園や山里などの地域資源や景観の保全事業、環境に配慮した暮らし推進事業、安全安心なまちづくり事業があり、申込ではそれぞれの事業を確認し、好きなプロジェクトに寄附をすることができます。

飯豊町の紹介とふるさと納税の推移

飯豊町は、山形県南西部に位置し、南部は福島県に隣接する人口7,458人を有する町です。地域は雄大な飯豊連峰や朝日連峰に隣接しており、「日本で最も美しい村連合」の一員にもなっています。町の北東部は良質米の産地であり、全国的にも知られている米沢牛の、約4割を出荷している町でもあります。
飯豊町のふるさと納税は、制度初年平成20年から24年までは、41万円~16万5,000円の間で推移をしています。しかし、平成25年には1,594件の寄附に対して16,583,000円が寄せられており、翌26年には7,534件に対して寄附金額が104,075,310円と大きく増加をしています。平成27年はより多くの件数が寄せられており、寄附件数11,524件で寄附金額は168,733,902円となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう