秋田県三種町のふるさと納税の内容

秋田県三種町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

三種町の紹介とふるさと納税の推移

人口17,471人を有する三種町は、秋田県北西部に位置し、町の西側は日本海に面しています。地域は東部から西部の平地にかけて緩やかに傾斜をしており、中央には町名の由来となった三種川が流れています。三種町はじゅんさいの生産量が日本一であり、八竜アスパラガスは冬季間の収穫としては県内一の収穫量を誇ります。
三種町のふるさと納税は、制度初年平成20年には寄附18件で寄附額1,655,000円が寄せられています。翌21年には90,000円に減少をし、その後、22年の70,000円から25年の541,822円へと推移をしています。26年には73件で2,30,000円が寄せられており、平成27には8,932件の寄附件数に対して寄附金額109,549,302円と、大幅に増加をしています。

活用される事業と寄附の実績内容

秋田県三種町では、ふるさと納税の活用として6つの事業を設けています。事業には、松林の保護・健全化等が行われる「ふるさとの豊かな自然を守り、創る事業 」、保育料無償化や誕生祝い金の支給等に利用される「ふるさとの福祉向上と健康づくり事業 」、災害時等への対応となる「ふるさとの安心・安全なまちづくり事業 」、じゅんさいの出荷助成等に活用される「ふるさとの産業振興と就業支援事業 」、学校給食費の負担金等に活用される「ふるさとの未来を担う子供たちの教育支援と伝統・文化の保存事業 」、事業特定のない「ふるさと元気づくり事業」があり、寄附では事業を選ぶことができます。
平成27年においては、事業特定無しを除いては子供たちの教育支援関連事業に最も多くの寄附が寄せられており、次に豊かな自然環境づくり関連、福祉向上関連、産業振興関連と続いています。

ふるさと納税で贈られる返礼品について

秋田県三種町では、ふるさと納税に返礼品の贈呈を設けており、10,000円以上の寄附額で町外在住の個人を条件として特産品の贈呈を行っています。現在、用意されている内容は、10,000円以上、15,000円以上、20,000円以上、30,000円以上、40,000円以上、60,000円以上の6つのコースがあり、寄附金額によって好きな商品を選ぶことができます。商品は寄附金額ないであれば複数のコースを組合せることができ、注文では商品に記載されているA~Fで記載をすることになります。返礼品では10,000円の商品が最も多く用意されており、その数は70にも及びます。ここでの内容としては、特産品の1つでもあるじゅんさいを中心とした農産物や、米、黒毛和牛などの肉類などがあり、他にも漬物やきりたんぽ鍋セットなど、バラエティに富んだ商品が用意されています。

三種町の紹介とふるさと納税の推移

人口17,471人を有する三種町は、秋田県北西部に位置し、町の西側は日本海に面しています。地域は東部から西部の平地にかけて緩やかに傾斜をしており、中央には町名の由来となった三種川が流れています。三種町はじゅんさいの生産量が日本一であり、八竜アスパラガスは冬季間の収穫としては県内一の収穫量を誇ります。
三種町のふるさと納税は、制度初年平成20年には寄附18件で寄附額1,655,000円が寄せられています。翌21年には90,000円に減少をし、その後、22年の70,000円から25年の541,822円へと推移をしています。26年には73件で2,30,000円が寄せられており、平成27には8,932件の寄附件数に対して寄附金額109,549,302円と、大幅に増加をしています。

活用される事業と寄附の実績内容

秋田県三種町では、ふるさと納税の活用として6つの事業を設けています。事業には、松林の保護・健全化等が行われる「ふるさとの豊かな自然を守り、創る事業 」、保育料無償化や誕生祝い金の支給等に利用される「ふるさとの福祉向上と健康づくり事業 」、災害時等への対応となる「ふるさとの安心・安全なまちづくり事業 」、じゅんさいの出荷助成等に活用される「ふるさとの産業振興と就業支援事業 」、学校給食費の負担金等に活用される「ふるさとの未来を担う子供たちの教育支援と伝統・文化の保存事業 」、事業特定のない「ふるさと元気づくり事業」があり、寄附では事業を選ぶことができます。
平成27年においては、事業特定無しを除いては子供たちの教育支援関連事業に最も多くの寄附が寄せられており、次に豊かな自然環境づくり関連、福祉向上関連、産業振興関連と続いています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう