秋田県仙北市におけるふるさと納税の内容

秋田県仙北市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

仙北市の紹介とふるさと納税の推移

仙北市は、秋田県東部中央に位置する人口26,696人を有する市です。主産業には、農業、観光業があり、中でも観光面では、日本一の深さを持つ田沢湖や角館地区の武家屋敷を中心として毎年多くの観光客が訪れるなど、東北地方では有数な観光地の1つとなっています。
仙北市のふるさと納税は、制度初年度平成20年には28件の寄附で1,650,000円の寄附金が寄せられています。翌21年から22年はそれぞれ、4,412,000円、2,788,000円となり、23年の3,830,000円を境にして24年2,230,000円、25年995,000円、平成26年には15件の寄附で430,110円まで減少をしています。しかし、翌平成27年には大きく増加をしており、5,874件の寄附に対して寄附金額79,511,100円が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業

秋田県仙北市がふるさと納税で行う事業は、5つの目的を明記した事業と、他に、自治体にお任せ、申込者が提言する内容に寄附をする、その他の2つがあります。
明記された事業には、70年ぶりに山梨県の西湖で発見された田沢湖固有のクニマスや、田沢湖を中止とした内容を持つ「田沢湖再生クニマス里帰りプロジェクト事業」、高齢者の生活サポートや健康維持などに関する「高齢者が安心に暮らすための事業」、子どもたちが健康で健全に成長するために設けられた「未来を担う子供たちを育む事業」、自然保護や景観保護、文化財の維持などを目的として行われる「ふるさとの自然と歴史・文化を守る事業」、観光に関連した環境整備や交通確保・交流促進などを図るための「観光を軸とした交流のまちづくり事業」があり、申込者は、事業を指定して寄附をすることができます。

ふるさと納税の返礼品について

秋田県仙北市では、ふるさと納税の金額に応じて返礼品を設けており、現在、5,000円以上、市外在住の個人を対象として商品の贈呈を行っています。商品は市の特産品を中心として用意されており、金額によっては宿泊券やチケットなどもあります。
返礼品は、寄附額5,000円以上から最高額となる500,000円以上まで9コースが設けられており、寄附金の合計範囲内であれば複数のコースから最大10商品まで組み合わせることが出来るようになっています。商品数はコースによっても異なり、手軽に行える5,000円以上には米や肉類、民芸品、お菓子など全部で28商品がラインナップされています。また、10,000円以上にも47商品と、多くの特産品が用意されており充実した内容になっています。

ふるさと納税の返礼品について

秋田県仙北市では、ふるさと納税の金額に応じて返礼品を設けており、現在、5,000円以上、市外在住の個人を対象として商品の贈呈を行っています。商品は市の特産品を中心として用意されており、金額によっては宿泊券やチケットなどもあります。
返礼品は、寄附額5,000円以上から最高額となる500,000円以上まで9コースが設けられており、寄附金の合計範囲内であれば複数のコースから最大10商品まで組み合わせることが出来るようになっています。商品数はコースによっても異なり、手軽に行える5,000円以上には米や肉類、民芸品、お菓子など全部で28商品がラインナップされています。また、10,000円以上にも47商品と、多くの特産品が用意されており充実した内容になっています。

ふるさと納税が活用される事業

秋田県仙北市がふるさと納税で行う事業は、5つの目的を明記した事業と、他に、自治体にお任せ、申込者が提言する内容に寄附をする、その他の2つがあります。
明記された事業には、70年ぶりに山梨県の西湖で発見された田沢湖固有のクニマスや、田沢湖を中止とした内容を持つ「田沢湖再生クニマス里帰りプロジェクト事業」、高齢者の生活サポートや健康維持などに関する「高齢者が安心に暮らすための事業」、子どもたちが健康で健全に成長するために設けられた「未来を担う子供たちを育む事業」、自然保護や景観保護、文化財の維持などを目的として行われる「ふるさとの自然と歴史・文化を守る事業」、観光に関連した環境整備や交通確保・交流促進などを図るための「観光を軸とした交流のまちづくり事業」があり、申込者は、事業を指定して寄附をすることができます。

仙北市の紹介とふるさと納税の推移

仙北市は、秋田県東部中央に位置する人口26,696人を有する市です。主産業には、農業、観光業があり、中でも観光面では、日本一の深さを持つ田沢湖や角館地区の武家屋敷を中心として毎年多くの観光客が訪れるなど、東北地方では有数な観光地の1つとなっています。
仙北市のふるさと納税は、制度初年度平成20年には28件の寄附で1,650,000円の寄附金が寄せられています。翌21年から22年はそれぞれ、4,412,000円、2,788,000円となり、23年の3,830,000円を境にして24年2,230,000円、25年995,000円、平成26年には15件の寄附で430,110円まで減少をしています。しかし、翌平成27年には大きく増加をしており、5,874件の寄附に対して寄附金額79,511,100円が寄せられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう