秋田県五城目町のふるさと納税の内容

秋田県五城目町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

五城目町の紹介とふるさと納税の推移

五城目町は、秋田県の中央部に位置し、秋田市と能代市のほぼ中間にある人口9,272人を有する町です。町域は東部の山岳地帯と西部の市街地からなり、農業、林業を中心として製材、家具、建具、打刃物、醸造業などが発達しており、中でも、町中心部で行われている露天朝市には約500年の伝統があります。
五城目町のふるさと納税は、制度初年平成20年では19件の寄附に対して833,000円の寄附金があり、その後、平成21年の294,000円から平成24年の506,000円の間で増減を繰り返しています。平成25年には77件855,000円に増加をしており、26年には96件で1,040,000円の寄附金、平成27年においては寄附件数82件に対して1,482,000円の寄附金が寄せられています。

行われる事業と寄附実績

秋田県五城目町では、ふるさと納税の活用に5つの事業を設けています。事業には、福祉及び健康の推進に関する事業 、教育、文化の振興に関する事業 、自然環境の保全に関する事業 、産業振興及び雇用促進に関する事業 、その他、町民の抱く夢をかなえる事業があり、寄附者は希望する事業を選ぶことが出来るようになっています。
事業別の実績は、直近平成27年度においては福祉及び健康の促進に関する事業には319,000円が寄せられており、次が246,000円寄せられた産業振興及び雇用促進に関する事業となります。教育関連と自然環境保全関連は、それぞれ、210,000円、208,000円が寄せられ、最も多いものとしては、事業内容が記載されていない、その他の夢をかなえる事業499,000円となっています。

ふるさと納税の返礼品について

秋田県五城目町では、5,000円以上のふるさと納税に対して、「ふるさと便」として返礼品の贈呈を行っています。返礼品は町外在住の個人を対象として贈られ、申込者は寄附金額に応じて9つのコースの中から選ぶことができます。また、商品は寄附金額内であれば複数のコースを組合せることができ、最大で10品まで希望をすることができます。
コースには5,000円以上、10,000円以上、20,000円以上、30,000円以上、50,000円以上、100,000万円、200,000円以上、300,000円以上、400,000円以上があり、平成27年においては10,000以下の商品が最も多く利用されています。10,000円以下の場合には5,000円の商品が23、10,000円の商品でも13あり、米を始めとして多くの特産品がラインナップされています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう