秋田県男鹿市のふるさと納税は

秋田県男鹿市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

秋田県男鹿市はどんな町?

男鹿市は、日本海に接する秋田県の最西部に位置する市です。男鹿半島のほとんどを占めており、実に3方向を海に囲まれています。海に面した西側には漁港や市役所の出張所などが置かれており、観光スポットにもなっている入道崎があります。2010年度の統計によると人口は約32,000人であり、その多くは市南部に集まっています。南部は市役所が置かれて鉄道も通っており、比較的商業や産業が充実しています。秋田県男鹿市の主な産業は豊かな日本海からもたらされる漁業で、市内には実に10もの漁港を備えています。この他油田開発による鉱業や海水浴場やジオパークなどを中心とした観光業にも力を入れており、ふるさと納税のお礼品もこれらの産業をもとに地元の特産品をバラエティ豊かに準備しています。

男鹿市のふるさと納税お礼品

秋田県男鹿市のふるさと納税では、10,000円以上の寄附1件あたり1品の特産品をもらうことができます。申し込んだ後にカタログを送付されるのでその中から選ぶか、クレジットカードで支払うことでカタログ不要で即時申込することもできます。お礼品としては、秋田県産の米やフルーツ、地元で作られたスイーツにカニや干物などの海産物が用意されています。また、男鹿市はなまはげ発祥の地としても知られているため、なまはげをチーフとしたグッズも数多く提供されています。50,000円以上の寄附でもらえるなまはげの木彫りのお面は迫力満点で、家に飾っておくと厄除けのご利益があるとされています。他にも旅行で使えるクーポンなど、様々なジャンルのお礼品が揃っているのでチェックしてみると良いでしょう。

男鹿市のふるさと納税の寄附金使途

秋田県男鹿市にふるさと納税を寄附した場合、市が最初に定めている寄附金の使途の中から希望に応じて指定することができます。現在は主に5項目の基本事業が公開されており、魅力あふれる地域にするため自分がこれはと思う事業を選ぶことになります。
1つ目は観光業や農林水産業など各種産業の振興に使用されるもので、2つ目は地域住民のために住みよいサービスを充実させるための保健や福祉の拡充、高齢者支援や子育て環境の向上など様々な事業に使用されます。3つ目は生活の基盤整備のため定住環境を整えたり情報化の推進などを進める事業、4つ目は自然災害への対処など安心して暮らせるよう防犯体制なども充実させる事業になっています。5つ目は、教育環境向上や地域間交流を増やすことで人材を育成する事業となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう