ふるさと納税であなたも大館市のサポーターになりませんか?

秋田県大館市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

秋田県大館市ってどんな町?

 皆さんの中にはこれからふるさと納税に挑戦してみようと思っていらっしゃる方も多いと思います。そこで今回は秋田県北部の町・大館市のふるさと納税にまつわる話題をご紹介いたしましょう。
 ところで皆さんは秋田県大館市と聞くとどんな町だかご存知でしょうか。大館市は1951(昭和26)年4月1日にこれまでの北秋田郡大館町と釈迦内村が統合して市制を施行した秋田県北部の小都市で現在人口は73,104人(2016年10月1日現在の推計による)。ご存知忠犬ハチ公の故郷としても有名な町です。
 緑豊かな山々に囲まれた温泉の町で、主な温泉場には大葛温泉、大滝温泉、雪沢温泉などがあります。大館市のふるさと納税も、こうした観光資源を活用したものがありますのでこれからふるさと納税に挑戦したい、ふるさと納税を活用して温泉旅行に行きたいという方にはお薦めの町だと言えます。

大館市・ふるさと納税の取り組み

 その大館市がふるさと納税をスタートしたのは2008年。「ふるさと大館応援寄付」と銘打ってスタートし、それ以来大館市出身者はもとより大館市出身者以外の方からも幅広くご支援をいただいて今日まで継続されています。
 かつて大館市は秋田県北部にあって豊富な森林資源と鉱山(黒鉱)に恵まれて隆盛を極めた時期もありましたが、近年では秋田県内の市町村の中でも過疎化の進む都市として知られるようになってしまっているのが実情です。それでも伝統工芸品の大館曲げわっぱに代表される伝統的な地場産業に加え、DOWAホールディングスなどの大手企業も事業所を展開し、秋田県屈指のハイテク産業の町としても注目されています。このように、緑と水と山々に恵まれたふるさとの町は今、匠と歴史の未来創造都市として新しい時代を拓いています。皆さんもふるさと納税で町づくりのサポーターになりませんか。

ふるさと納税の使い道

 皆さんから寄せられたふるさと納税の寄付金は、子どもの成長支援・教育支援、お年寄りや障害をお持ちの方たちが安心して暮らせる町づくり、さらには環境保全と資源再利用事業などに有効に使わせていただいております。
 具体的には、生まれて間もないお子様のいるご家庭を対象にした「こんにちは赤ちゃん」支援プロジェクトをはじめ延長保育などによる子育てと仕事の両立支援、地産地消を軸に据えた子ども向け食育プロジェクトなどの子育てと子どもの教育に関する事業がありますし、老人福祉・障害者福祉に関しては自宅の除雪作業支援、市内循環バスの運行、市立総合病院や市立扇田病院の医師確保などを展開。さらに田代岳、長木渓流などの景観保全をはじめとする環境保全とレアメタルリサイクル、資源循環型産業の創出に子ども向けの環境教育を柱とした環境保全、資源再利用事業など多岐にわたっています。

ふるさと納税の使い道

 皆さんから寄せられたふるさと納税の寄付金は、子どもの成長支援・教育支援、お年寄りや障害をお持ちの方たちが安心して暮らせる町づくり、さらには環境保全と資源再利用事業などに有効に使わせていただいております。
 具体的には、生まれて間もないお子様のいるご家庭を対象にした「こんにちは赤ちゃん」支援プロジェクトをはじめ延長保育などによる子育てと仕事の両立支援、地産地消を軸に据えた子ども向け食育プロジェクトなどの子育てと子どもの教育に関する事業がありますし、老人福祉・障害者福祉に関しては自宅の除雪作業支援、市内循環バスの運行、市立総合病院や市立扇田病院の医師確保などを展開。さらに田代岳、長木渓流などの景観保全をはじめとする環境保全とレアメタルリサイクル、資源循環型産業の創出に子ども向けの環境教育を柱とした環境保全、資源再利用事業など多岐にわたっています。

秋田県大館市ってどんな町?

 皆さんの中にはこれからふるさと納税に挑戦してみようと思っていらっしゃる方も多いと思います。そこで今回は秋田県北部の町・大館市のふるさと納税にまつわる話題をご紹介いたしましょう。
 ところで皆さんは秋田県大館市と聞くとどんな町だかご存知でしょうか。大館市は1951(昭和26)年4月1日にこれまでの北秋田郡大館町と釈迦内村が統合して市制を施行した秋田県北部の小都市で現在人口は73,104人(2016年10月1日現在の推計による)。ご存知忠犬ハチ公の故郷としても有名な町です。
 緑豊かな山々に囲まれた温泉の町で、主な温泉場には大葛温泉、大滝温泉、雪沢温泉などがあります。大館市のふるさと納税も、こうした観光資源を活用したものがありますのでこれからふるさと納税に挑戦したい、ふるさと納税を活用して温泉旅行に行きたいという方にはお薦めの町だと言えます。

大館市・ふるさと納税の取り組み

 その大館市がふるさと納税をスタートしたのは2008年。「ふるさと大館応援寄付」と銘打ってスタートし、それ以来大館市出身者はもとより大館市出身者以外の方からも幅広くご支援をいただいて今日まで継続されています。
 かつて大館市は秋田県北部にあって豊富な森林資源と鉱山(黒鉱)に恵まれて隆盛を極めた時期もありましたが、近年では秋田県内の市町村の中でも過疎化の進む都市として知られるようになってしまっているのが実情です。それでも伝統工芸品の大館曲げわっぱに代表される伝統的な地場産業に加え、DOWAホールディングスなどの大手企業も事業所を展開し、秋田県屈指のハイテク産業の町としても注目されています。このように、緑と水と山々に恵まれたふるさとの町は今、匠と歴史の未来創造都市として新しい時代を拓いています。皆さんもふるさと納税で町づくりのサポーターになりませんか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう