秋田県秋田市の紹介とふるさと納税の活用方法

秋田県秋田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

秋田県秋田市の紹介とふるさと納税

秋田県秋田市は県庁所在地で、沿岸中部に位置しています。市内には赤れんが郷土館・市立千秋美術館・市民俗芸能伝承館・大森山動物園などの観光スポットがあります。
秋田県の特産品には、有名なきりたんぽ鍋やお米(あきたこまち)、ハタハタ寿司、日本酒、地ビール、チーズ、稲庭うどん、リンゴなどの果物、野菜、伝統工芸品(秋田銀線細工・生駒塗・乾漆・あけび工芸など)などがあります。
これらの特産品はふるさと納税の返礼品としても利用されています。
秋田市のふるさと納税の魅力は地元の特産品の他にチケットや旅行クーポンなど、返礼品の種類が非常に多いことです。少額(1万円)の寄付から、最高782万円まで幅広く選ぶことができます。品切れになっても順次新たな商品が追加されるので、カタログショッピングを楽しむ感覚で利用できます。

秋田市のふるさと納税のシステム

秋田市のふるさと納税はポイント制が採用されています。寄付額が1万円ごとに200ポイントが付与され、カタログが発送されます。寄付を行った都度新たなポイントが付与されるので、1万円単位で寄付をする必要があります。ポイントの有効期限はカタログ発送から1年間です。寄付をしてポイントを獲得した後に、カタログを見ながらゆっくり商品を選ぶことができるようになっています。
年をまたいでポイントを保有し続けることができるので、節税対策に活用することができます。臨時ボーナスなどで一時的に収入が増えた場合や、退職などの際の節税に利用できます。
お米を何回かに分けて定期的に送って貰うこともできるので、ポイントの有効期限が切れる直前に申込を行うことで、実質的に1年以上ポイントを持ち越すことができます。

秋田市のふるさと納税でおすすめの返礼品

秋田市にふるさと納税で寄付をすると、食品や伝統工芸品など多くの種類の特産品やサービスチケット等と交換できます。
秋田市のふるさと納税で貰える特典で一番のおすすめは、お米(あきたこまち)です。最低1万円の寄付からお米が貰えます。8万円以上の寄付をすると、5kgずつ毎月送ってもらえます。16万円分を寄付すると、12回(1年分)に分けて送って貰えます。
お米以外に和牛もおすすめです。2万円以上の寄付で秋田牛の高級好き焼肉や焼き肉用のお肉が貰えます。
782万円を寄付すると秋田牛1頭分のお肉が貰えます。これは量が多いので3ヶ月に分けて送られてきます。一般家庭で牛1頭分のお肉を3ヶ月で消費することは難しいかもしれませんが、自営業で飲食店を営む人が利用すれば節税対策になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう