寄附件数が増えている宮城県柴田町のふるさと納税

宮城県柴田町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

注意するべきこととは

ふるさと納税では、様々な自治体が寄附してくれた人に対して、お礼の品としてその地域の特産物を贈っていますが、宮城県にある柴田町でも5000円以上のふるさと納税をしてくれた人に対してお礼の品を贈っています。
なお、お礼の品を受け取ることが出来るのは、宮城県柴田町以外に住む個人となります。柴田町に在住の人でも寄付を行うことは出来ますが、お礼の品を受け取ることは出来ませんので、注意が必要です。
ふるさと納税を行い、その合計金額が寄附金の範囲内であれば、複数のお礼の品のコースから最大で10品まで組み合わせて受け取ることが出来ます。お礼の品の申込後に変更を行うことは出来ませんので、お礼の品を選択する時には、十分に考えて申し込みをするようにしましょう。万が一、受け取ることが出来なかった場合でも再発送は行っていません。

お礼の品の内容について

宮城県柴田町に対して5000円以上のふるさと納税で受け取ることが出来る品が、ボールペンや缶バッチなどの「はなみちゃんグッズ」、1万円以上の寄附では、町の農家が作ったリンゴや米5kg~8kg、味噌、漬物の詰め合わせ、ジャムやお菓子、シクラメン、カーネーションがあり、2万円以上では、旬の野菜のセットや牛タン、一つ一つ手作りで作られたカップ、3万円以上の寄附では、米24kg~30kg、コーヒーポットとドリッパーのセット、5万円以上では重箱や子供用椅子、ゴルフツアートーナメントコース招待券などが贈られます。また、最も高額である3百万円以上の寄附では、仙台小箪笥もしくは仙台手元箪笥が贈られます。
新しいもの、伝統的なものなどが用意されており、好みに応じて選ぶことが出来ます。

寄付金の使い道について

ふるさと納税の使い道は寄附を行った人が選ぶことが出来ます。柴田町には桜の名所百選にも選ばれた公園や桜の名所が数多くあります。それらを保護・育成するための事業や教育に関する事業、福祉に関する事業、学校給食センターを建設に関する事業、図書館建設に関する事業などがあります。どれを選べば良いか分からないという場合には、選択しないという選択肢もあります。寄附金の使い道を選択しなかった場合には、町がその使途を決定することになります。
ふるさと納税制度が始まった当初は、寄附件数・寄附金額も少なかった柴田町ですが、ふるさと納税が広く知られるようになってからは徐々にその数を増やし、2015年には2000件以上の寄附が寄せられ、今後はますます増えるのではないかと考えられます。

注意するべきこととは

ふるさと納税では、様々な自治体が寄附してくれた人に対して、お礼の品としてその地域の特産物を贈っていますが、宮城県にある柴田町でも5000円以上のふるさと納税をしてくれた人に対してお礼の品を贈っています。
なお、お礼の品を受け取ることが出来るのは、宮城県柴田町以外に住む個人となります。柴田町に在住の人でも寄付を行うことは出来ますが、お礼の品を受け取ることは出来ませんので、注意が必要です。
ふるさと納税を行い、その合計金額が寄附金の範囲内であれば、複数のお礼の品のコースから最大で10品まで組み合わせて受け取ることが出来ます。お礼の品の申込後に変更を行うことは出来ませんので、お礼の品を選択する時には、十分に考えて申し込みをするようにしましょう。万が一、受け取ることが出来なかった場合でも再発送は行っていません。

お礼の品の内容について

宮城県柴田町に対して5000円以上のふるさと納税で受け取ることが出来る品が、ボールペンや缶バッチなどの「はなみちゃんグッズ」、1万円以上の寄附では、町の農家が作ったリンゴや米5kg~8kg、味噌、漬物の詰め合わせ、ジャムやお菓子、シクラメン、カーネーションがあり、2万円以上では、旬の野菜のセットや牛タン、一つ一つ手作りで作られたカップ、3万円以上の寄附では、米24kg~30kg、コーヒーポットとドリッパーのセット、5万円以上では重箱や子供用椅子、ゴルフツアートーナメントコース招待券などが贈られます。また、最も高額である3百万円以上の寄附では、仙台小箪笥もしくは仙台手元箪笥が贈られます。
新しいもの、伝統的なものなどが用意されており、好みに応じて選ぶことが出来ます。

寄付金の使い道について

ふるさと納税の使い道は寄附を行った人が選ぶことが出来ます。柴田町には桜の名所百選にも選ばれた公園や桜の名所が数多くあります。それらを保護・育成するための事業や教育に関する事業、福祉に関する事業、学校給食センターを建設に関する事業、図書館建設に関する事業などがあります。どれを選べば良いか分からないという場合には、選択しないという選択肢もあります。寄附金の使い道を選択しなかった場合には、町がその使途を決定することになります。
ふるさと納税制度が始まった当初は、寄附件数・寄附金額も少なかった柴田町ですが、ふるさと納税が広く知られるようになってからは徐々にその数を増やし、2015年には2000件以上の寄附が寄せられ、今後はますます増えるのではないかと考えられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう