大郷町が行うふるさと納税の内容

宮城県大郷町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大郷町の紹介とふるさと納税の推移

宮城県大郷町は、県のほぼ中央に位置し、三陸自動車道や東北自動車道それぞれのインターに近いなど交通アクセスが良好な場所にあります。人口は8,251人を有し、町域に豊かな水田地帯を持つ町でもあります。基幹産業としては農業があり、水稲の他にも、町おこしとしてモロヘイヤの栽培に力を入れてます。
大郷町のふるさと納税は、制度初年平成20年には4件に対して1,070,000円の寄附が寄せられ、22年までは300,000円、200,000円と減少をしています。平成23年には1,450,000円に増加をしており、その後、24年は4件450,000円、25年が3件632,000円、26年には10件834,000と推移し、平成27年においては19件の寄附に対して1,297,180円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業内容

宮城県大郷町のふるさと納税は、4つの町づくり事業に活用されます。まず1つ目には産業の振興によるまちづくりがあり、大郷ブランドを定着させた特色のある農業や、自立経営の確立、優良企業の誘致、立地企業の支援等に寄附金が活用されます。
2つ目としては、安心して暮らせる健康なまちづくりがあり、各種検診や地域医療体制の推進、介護予防事業、児童の健全育成に活用されます。3つ目としては教育の充実があり、ここでは、幼・小・中一貫教育の推進や充実した学校教育・環境、また、生涯学習などの事業に寄附金が活用されます。4つ目となる協働の町づくり事においては、町民の安全確保のための防災体制の強化、地域コミュニティの設立や活動の支援、少子化対策、子育て支援といった内容に対してふるさと納税が活用されます。

ふるさと納税で贈られる返礼品について

宮城県大郷町が設けるふるさと納税の返礼品は、特産品である米を中心としてラインナップが行われています。返礼品は町外在住の個人で、寄附金10,000円以上を対象として贈られ、年に何回でも行うことができるようになっています。商品は最大10品まで選ぶことができ、例えば、寄附金内であれば、各コースの商品を組合せることもできます。
設けられているコースは、10,000円以上21商品、30,000円以上5商品、50,000円以上5商品、100,000円以上1商品となっており、100,000円以上では「仙台牛の郷おおさと」仙台牛丸ごとセットが贈られます。また、例えば10,000円以上では、ササニシキ、米食べ比べセット、ひとめぼれ、つや姫などがあり、仙台牛も用意されています。

大郷町の紹介とふるさと納税の推移

宮城県大郷町は、県のほぼ中央に位置し、三陸自動車道や東北自動車道それぞれのインターに近いなど交通アクセスが良好な場所にあります。人口は8,251人を有し、町域に豊かな水田地帯を持つ町でもあります。基幹産業としては農業があり、水稲の他にも、町おこしとしてモロヘイヤの栽培に力を入れてます。
大郷町のふるさと納税は、制度初年平成20年には4件に対して1,070,000円の寄附が寄せられ、22年までは300,000円、200,000円と減少をしています。平成23年には1,450,000円に増加をしており、その後、24年は4件450,000円、25年が3件632,000円、26年には10件834,000と推移し、平成27年においては19件の寄附に対して1,297,180円の寄附金が寄せられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう