風間浦村が行うふるさと納税の内容

青森県風間浦村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

風間浦村の紹介とふるさと納税の推移

青森県風間浦村は、下北半島北部に位置する本州最北端となる村です。風間浦村は総面積約96%を山林原野が占め、その大部分が霊地恐山で知られる恐山山地となっています。人口は平成28年現在2,062人を有し、主な産業としては漁業や観光があり、中でも下風呂温泉は古くから湯治場として知られ、毎年多くの観光客が訪れます。
風間浦村のふるさと納税は制度初年となる平成20年から件数、金額ともに少ない内容で推移しており、初年1件30,000円から平成25年までは20万円台が続いています。しかし、平成26年には例年の倍となる500,000円に増加をし件数も24となっています。直近となる平成27年においては大幅に増加をしており、393件の寄附に対して7,340,000円の寄附金額が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業と申込方法

青森県風間浦村では、ふるさと納税に関して、活力ある村づくりのための活用を掲げています。事業内容としては、大きく、教育、文化及びスポーツの振興に関する事業、環境の保全に関する事業、健康増進及び福祉医療の向上に関する事業、交通の発達及び改善に関する事業、地域産業の振興に関する事業の5つがあり、他に、使途の定めのない村長が必要と認める事業に対して寄附金が活用されます。申込においては、利用者は支援したい事業を指定して寄附を行うことができます。
利用手続きに関しては、風間浦村ではインターネットによる「ふるさとチョイス」、E-mail、FAXのいずれかで行うことができ、mailとFAXの場合にはあらかじめ入手をした寄附金申込書を、村役場総務課企画・財政グループに送付をすることになります。

ふるさと納税の返礼品について

青森県風間浦村では、10,000円以上の寄附をした人を対象として、返礼品を設けており、内容としては、10,000円以上20,000円未満の4商品、20,000円以上30,000円未満の4商品、30,000円以上50,000円未満の3商品、50,000円以上100,000円未満の1商品、100,000円以上の1商品があります。
用意されている商品は、10,000円以上には青森ヒバを使用した特産品や、イカ塩辛、甘塩ウニがあり、20,000円以上には特殊な製法で作られた糸ヒバ枕、青森ヒバ風呂いす、香りのセットや津軽海峡味めぐりセットがあります。50,000円以上では青森ヒバ100%オイルや蜜蝋クリーム等をセットにした商品があり、最も金額が多い100,000円以上には、青森ヒバを使用して作られたテーブルが用意されています。

風間浦村の紹介とふるさと納税の推移

青森県風間浦村は、下北半島北部に位置する本州最北端となる村です。風間浦村は総面積約96%を山林原野が占め、その大部分が霊地恐山で知られる恐山山地となっています。人口は平成28年現在2,062人を有し、主な産業としては漁業や観光があり、中でも下風呂温泉は古くから湯治場として知られ、毎年多くの観光客が訪れます。
風間浦村のふるさと納税は制度初年となる平成20年から件数、金額ともに少ない内容で推移しており、初年1件30,000円から平成25年までは20万円台が続いています。しかし、平成26年には例年の倍となる500,000円に増加をし件数も24となっています。直近となる平成27年においては大幅に増加をしており、393件の寄附に対して7,340,000円の寄附金額が寄せられています。

ふるさと納税が活用される事業と申込方法

青森県風間浦村では、ふるさと納税に関して、活力ある村づくりのための活用を掲げています。事業内容としては、大きく、教育、文化及びスポーツの振興に関する事業、環境の保全に関する事業、健康増進及び福祉医療の向上に関する事業、交通の発達及び改善に関する事業、地域産業の振興に関する事業の5つがあり、他に、使途の定めのない村長が必要と認める事業に対して寄附金が活用されます。申込においては、利用者は支援したい事業を指定して寄附を行うことができます。
利用手続きに関しては、風間浦村ではインターネットによる「ふるさとチョイス」、E-mail、FAXのいずれかで行うことができ、mailとFAXの場合にはあらかじめ入手をした寄附金申込書を、村役場総務課企画・財政グループに送付をすることになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう