石巻市をふるさと納税で支援する

宮城県石巻市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

石巻市のふるさと納税の使い道

宮城県石巻市は、2011年の東日本大震災の津波で大きな被害を受けた地域です。復興によるまちづくりや、道路・住宅・公共交通の整備のためにふるさと納税が活用されています。
山・森・川・海・島などの地形や資源を結びつけて、地域の均衡を図りながら、発展させより魅力ある自治体になるような事業が行われています。
その他、住民自治によるコミュニティの再生や自立など主体性のある協働のまちづくりのために、ふるさと納税が活用されます。
教育分野では国際的な視点を持ち、新たなものを創造する力を持った将来の担い手を育てるために、教育の充実にも力を言われています。
自然環境やそれを背景に培われてきた伝統文化を次世代に継承して、地域に愛着と誇りを持てるような暮らしができるまちづくりにも務めています。

5千円以上の寄付で特産品などがもらえる

宮城県石巻市にふるさと納税で「がんばる石巻応援寄付」として5千円以上寄付すると、石巻市の特産品などをもらうことができます。
海産物が多く、5千円〜1万円未満でもらえるものの例として「産地直送・新鮮近海タコ」があります。朝に石巻の魚市場で水揚げされた新鮮なタコを、その日のうちにボイルして急速冷凍したものです。重量700gの大振りなタコです。
他には「石巻産牡蠣カレー」があります。牡蠣をまるごと粗挽きにして、果肉とスープを合わせて仕上げたキーマ風カレーです。牡蠣は宮城県の名産品で、地震の時には被害を受けましたが、ふるさと納税などの寄付金や事業者の頑張りによって立ち直ってきました。
5千円以上の寄付で石巻の海産物がもらえるというのは、かなりお得です。

5万円以上10万円未満でもらえる品

さらに5万円以上10万円未満を寄付すると、豪華な品が選べるようになります。
例えば「ずわいがに爪肉3kg」は本ずわいがに1杯から2爪しかとれない爪肉を3kgも詰め込んだもので、食べ応えがあります。
いろいろなものが食べたいのであれば「石巻四季の花「椿」」があります。海の旬が詰まったセットで、牡蠣の潮煮、ホタテの潮煮、炙り牡蠣やホヤなどが入った充実の詰め合わせです。
民芸品や工芸品では「西陣織ネクタイ&復興情報マガジンコミックセット」があります。石巻で被災した呉服店と、石ノ森萬画館が共同開発した西陣織のネクタイです。マガジンは石巻の復興の様子を描いたマガジンの「マンガッタン」と石巻のヒーロー「シージェッター海斗(1〜3巻)」、オリジナルCDがセットになっています。
漫画好きにはたまらないセットです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう