ふるさと納税で陸前高田市を支援しよう

岩手県陸前高田市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

ふるさと納税のメリット

最近導入された新しい納税方法であるふるさと納税は、二つの大きなメリットを持っています。その一つ目は、自分の希望する地方自治体に直接納税をすることが出来るということです。自分の現住所がある自治体以外に納税をし、年度末に税金の控除を受けることが出来るこの制度はこれまでにないものでした。地方自治体に納税することによって、その自治体の収入源となり、希望する自治体を直接支援することが出来るのです。また、自治体によっては納めた税金の使い道を特定することもできるのです。震災後のインフラ整備に膨大な市税を投入している陸前高田市にとって、ふるさと納税で支援してもらうことは大きな励ましとなります。間接的には岩手県をも支援することになるので、この制度を活用したいものです。

岩手県陸前高田市からのお礼

ふるさと納税で地方自治体に納税をした方には、その自治体からお礼という形で品物が届けられます。多くの場合は納税先の自治体の特産品であったり、地場産業の製品がお礼となっています。岩手県陸前高田市に納税をした場合も、お礼が届けられます。三陸海岸に面している陸前高田市からのお礼といえば、やはり海産物です。採れ立ての新鮮な魚介類を始め、地元で海産物を加工した製品がメインとなっています。三陸沖は世界的にも有名な漁場ですので、そこで水揚げされたばかりの海産物が、ふるさと納税をした方に届けられるのです。これが二つ目の大きなメリットで、自分が生活している地域ではなかなか手に入らない製品を新鮮な状態でいただくことが出来るのです。この二つのメリットが人気の秘密となっています。

ふるさと納税を利用しよう

ふるさと納税には大きなメリットがあり、人気がありますがまだまだ利用している方は少ないのです。最近ではテレビ番組のワイドショーや週刊誌などで、好評なお礼の紹介などをしているので、社会的な認知度が少しずつ高まってきましたが、実際にこの制度を利用している方は少なく、制度のさらなる充実が求められています。インターネットサイトなどで、納税場所を指定して納税出来のシステムは出来上がりつつあり、地方自治体への支援は比較的容易になっているのですが、その後の現住所のある自治体への税金控除の手続きが複雑なのです。お礼と共に届けられた納税証明書を保管しておいて、現住所の自治体の役所での手続きが苦手な方もおります。この税金控除のシステムが簡素化され高齢者でも利用しやすくなることが望まれます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう