花巻市のふるさと納税は何に使われる?

岩手県花巻市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

岩手県花巻市にふるさと納税された寄付金

岩手県花巻市に寄付されたふるさと納税は、花巻の文豪「宮沢賢治」が思い描いた理想卿・イーハトーブの実現のために使われます。
花巻市はたくさんの文化芸術作家がいて、ユネスコ世界無形文化遺産に指定された早池峰神楽や、各地で伝承されている鹿踊りなどの郷土芸能もあります。
こういった伝承活動を進めて伝統が息づいて、文化の街として未来に残していけるように、まちづくりのためにふるさと納税が使われます。
さらに、農業・商業・工業・観光業をそれぞれ伸ばし、連携していけるようにサポートする取り組みにも使われます。
花巻は全国でも少ない「花」がつく自治体です。そんな花巻を花と緑で豊かにしたいということで、自然環境保全のための取り組みにも使われます。日本百名山の一つである、早池峰山に自生する高山植物などを保全することも重視されています。

赤ちゃんから高齢者の生活サポート

岩手県花巻市では、子どもたちがすくすく成長できるような保育と教育の充実を図り、高齢者福祉や交通機関の充実のための環境整備にも力を入れています。
お年寄りが多い地域なので、一生にわたって安心して暮らせる街づくりや生活サポートの充実化のために、ふるさと納税の寄付金が使われています。
どのような事業が行われているのかというと、例えば「宮沢賢治生誕120周年記念事業」があります。これは民間団体との協働によって各種のイベントを開催して「賢治のまち花巻」を広く発信しています。
その他「自然環境保全活動推進事業」では霊峰・早池峰山の自然環境保護のために登山のマナーアップの呼びかけやパトロール活動が行われています。これにより自然環境の保護に努めています。
こうした事業の支援としてふるさと納税の寄付金が利用されます。

5千円以上の寄付で特典がもらえる

花巻市は、5千円以上寄付すれば特典をもらうことができます。他の地域では1万円以上の寄付が必要になっているところが多いので、その半分でいいというのは魅力的ですね。
製造・加工・栽培・販売されている農畜産物やワイン、日本酒、焼酎などの特産品に加えて、市内温泉の宿泊券や工業製品などをもらうことができます。
個人・法人問わず、1年に何度も申し込んで贈呈してもらうことが可能です。
人気があるのは「花巻産採れたてアスパラガス宅配便」です。これは通年ではなく5月〜6月の受付期間になっています。
飲み物では「生産者よりどりジュースのお楽しみセット」があります。りんご、ぶどう、ラ・フランス、アロニア、トマトなどのジュースと、ジャムが詰め合わせになっています。季節によって内容が変わるのも楽しみです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう