大船渡市が設けるふるさと納税の内容

岩手県大船渡市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

大船渡市の紹介とふるさと納税の推移

大船渡市は岩手県南部に位置し、太平洋に面する人口37,952人を有する市です。岩手県では最大の港湾都市であり、沖合に世界三大漁場ともいわれる北西太平洋海域があることから、水産業が盛んな市でもあります。また、市域は東日本の国立公園では唯一となる本格的な海岸公園「三陸復興国定公園」にあり、豊かな自然を有しています。
大船渡市のふるさと納税は、制度初年平成20年は8件で320,000円、翌21年、22年においてもそれぞれ220,000円、190,000円となっています。しかし、平成23年の292件42,454,002円を境として毎年度1,000万円以上の寄附が寄せられており、平成26年には166件21,489,411円、27年には5,246件の寄附件数に対して77,641,698円と、大きく増加しています。

行われる事業と寄附の実績について

岩手県大船渡市では、ふるさと納税の使い道として、産業や環境、子育て、健康、観光、安全安心な生活など、様々な内容に関連する事業を設けており、現在、豊かな市民生活を実現する産業の振興、安心が確保されたまちづくりの推進、豊かな心を育む人づくりの推進、潤いに満ちた快適な都市環境の創造、やすらぎある安全なまちづくりの推進、自然豊かな環境の保全と創造、自立した行政経営の確立、その他目的達成のために市長が必要と認める事業の8つがあります。
寄附実績としては、1例として、直近となる平成27年度では市長が必要と認める事業が最も多く、30,254,000円の寄附金が寄せられています。2番目としては子育て・福祉関連の19,375,000円があり、最も少ない寄附金額は、地域社会の実現に関する内容に寄せられた180,000円となっています。

ふるさと納税で贈られる返礼品

岩手県大船渡市ではふるさと納税に関して、10,000円以上の寄附者を対象に返礼品の贈呈を行っています。商品は寄附金がに応じて、1万円以上、3万円以上、5万円以上の3つのコースから選ぶことができ、それぞれ、55商品、10商品、4商品がラインナップされています。
手軽に寄附が行える1万円以上には最も最も多くの商品が用意されており、例えば、代表的な特産品の1つとなる魚介類として、旬の鮮魚便や、大船渡産煮タコ、イクラ、特大サンマ、赤崎産カキホタテ詰め合わせなどがあります。中でも海鮮便は四季によって贈られる魚介類が異なり、寄附者は旬に合わせて楽しむことができます。
大船渡市が用意をする返礼品には、ダブルインクモールド整形と呼ばれる手法が用いられた、世界でも取扱いされている商品があります。商品は名刺ケースとなっており、美しいグラデーションが施されています。

ふるさと納税で贈られる返礼品

岩手県大船渡市ではふるさと納税に関して、10,000円以上の寄附者を対象に返礼品の贈呈を行っています。商品は寄附金がに応じて、1万円以上、3万円以上、5万円以上の3つのコースから選ぶことができ、それぞれ、55商品、10商品、4商品がラインナップされています。
手軽に寄附が行える1万円以上には最も最も多くの商品が用意されており、例えば、代表的な特産品の1つとなる魚介類として、旬の鮮魚便や、大船渡産煮タコ、イクラ、特大サンマ、赤崎産カキホタテ詰め合わせなどがあります。中でも海鮮便は四季によって贈られる魚介類が異なり、寄附者は旬に合わせて楽しむことができます。
大船渡市が用意をする返礼品には、ダブルインクモールド整形と呼ばれる手法が用いられた、世界でも取扱いされている商品があります。商品は名刺ケースとなっており、美しいグラデーションが施されています。

大船渡市の紹介とふるさと納税の推移

大船渡市は岩手県南部に位置し、太平洋に面する人口37,952人を有する市です。岩手県では最大の港湾都市であり、沖合に世界三大漁場ともいわれる北西太平洋海域があることから、水産業が盛んな市でもあります。また、市域は東日本の国立公園では唯一となる本格的な海岸公園「三陸復興国定公園」にあり、豊かな自然を有しています。
大船渡市のふるさと納税は、制度初年平成20年は8件で320,000円、翌21年、22年においてもそれぞれ220,000円、190,000円となっています。しかし、平成23年の292件42,454,002円を境として毎年度1,000万円以上の寄附が寄せられており、平成26年には166件21,489,411円、27年には5,246件の寄附件数に対して77,641,698円と、大きく増加しています。

行われる事業と寄附の実績について

岩手県大船渡市では、ふるさと納税の使い道として、産業や環境、子育て、健康、観光、安全安心な生活など、様々な内容に関連する事業を設けており、現在、豊かな市民生活を実現する産業の振興、安心が確保されたまちづくりの推進、豊かな心を育む人づくりの推進、潤いに満ちた快適な都市環境の創造、やすらぎある安全なまちづくりの推進、自然豊かな環境の保全と創造、自立した行政経営の確立、その他目的達成のために市長が必要と認める事業の8つがあります。
寄附実績としては、1例として、直近となる平成27年度では市長が必要と認める事業が最も多く、30,254,000円の寄附金が寄せられています。2番目としては子育て・福祉関連の19,375,000円があり、最も少ない寄附金額は、地域社会の実現に関する内容に寄せられた180,000円となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう