湯川村へふるさと納税を納めて村を元気に

福島県湯川村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

福島県湯川村へふるさと納税を納める

湯川村は、福島県の会津盆地の中心部に位置する山林がなく、見渡すかぎり美しい田園風景が広がっている小さな農村です。
福島県湯川村へふるさと納税を納めてくれた方には特典としてお米やパンを届けています。
ふるさと納税は湯川村で、村民の方々が‘湯川村に住んでよかった、これからもずっと住み続けたい、と思ってくれるように、そして村外の方が自分も湯川村に住んでみたいと思ってもらえるような環境を整えるために利用しています。ふるさと納税は、地域のことや産業振興に、環境保全、文化財の保護をしたり、村に住んでいる人たちの健康や医療、福祉について使ったり、安全安心、防災、それから子供たちに対して、教育や人づくり、市民活動、まちづくりなど以外にも、その他という項目で利用をされます。

寄付金の金額を決めることができる

ふるさと納税を納めるときには寄付金の金額をあらかじめどのくらい納めるといいのかを考えて決めることができます。その都道府県によって違いが少しありますが、湯川村の場合は3万円以上の寄付金を納めてくれた方に特典を届けています。
米の収穫が10アール当たり600キロを超えるという県内有数の米どころの湯川村でとれたおいしいお米などを届けてくれるので、寄付をしてよかった、人の役に立つことができる寄付をすることができていると考えることができるのがいいです。なかなか食べることができないおいしいお米を自宅でゆっくりと食べることができるということ、その村に住んでいる人たちが安全で安心して、自分の仕事や生活をすることができるために役立っていると思えるようになっているのがいいです。

人の役に立つ寄付金で安心

ふるさと納税は自分で簡単に納めることができて、人の役に立つことができる寄付金だとわかるものなので、安心して寄付しやすいのがいいです。
自分とは違う県などに住んでいる人たちに、自分の寄付金で元気に、そして住んでいる市や町、村などを大切にしてもらうことができるということが寄付を納める理由になります。いろいろな手続きをして時間をかけて行うわけではなく、自宅ですぐに寄付をすることができ、人の役に立てる理由を自分で決めることができるのがふるさと納税を納める人が増えているからです。
福島県の復興のためにも利用することができますし、いろいろな利用方法が提示されているので、自分でも安心して寄付したいと思えることがあります。寄付金も自分が納めることができる金額になっているのでいいです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう