福島県福島市のふるさと納税の紹介

福島県福島市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

福島県福島市のふるさと納税のシステム

福島県福島市は中通りの北部に位置する都市で、福島県の県庁在地です。
福島市はふるさと納税に特に力を入れている自治体のひとつで、地元の特産品を中心に多くの種類の特典が選べるようになっています。
福島市のふるさと納税はポイント制が採用されているので、計画的に節税に活用することができます。1万円以上の寄付でポイントが付与(2千円毎に8ポイント)され、ポイントを利用して各種の特典品と交換できます。ポイントの有効期限は最後に付与されてから2年間で、2年以内に1万円以上の寄付をすれば以前のポイントも一緒に有効期限が延長されます。節税のために、少額のポイントを少しずつ積み上げることができます。
特典品は18ポイント(4500円相当)から交換することができます。

福島市でおすすめの特典(農産物)の紹介

福島市は寒暖の差が激しい盆地に位置しているため、果物の栽培に適しています。福島市ではリンゴの栽培が盛んにおこなわれています。
ふるさと納税の特典品でおすすめは、蜜入りの高級リンゴです。38ポイント(9千5百円)で「りんご サンふじ特秀18玉」と交換できます。他にも40ポイント以上で蜜入りの高級リンゴも選べます。リンゴは申込時期が11月中旬頃までで、11月下旬から年末にかけて発送されます。
リンゴ以外にもおすすめの農産物は、地元で生産される純国産ハチミツです。
40ポイント(1万円)でリンゴまたはアカシアハチミツ(500g)が貰えます。リンゴハチミツは甘味が強く、アカシアの方はマイルドでクセがありません。ハチミツは季節限定ではありませんが、数量限定のアイテムです。

おすすめの加工食品の紹介

福島市のふるさと納税では味噌や日本酒など伝統的な食品に加えて、スイーツや温泉卵を選ぶこともできます。
スイーツでおすすめは2万2千円相当のポイントで貰える「ライスバウム 心織 SONNE(ソネ)」です。ライスバウムとは小麦粉ではなく米粉から作ったバウムクーヘンです。
福島市内にある飯坂温泉は西暦2世紀から歴史を持つ古い温泉で、温泉卵の発祥地です。1万円相当のポイントで、飯坂温泉のお湯で作られた「飯坂温泉名物ラヂウム玉子 10個入りたれ付き×3箱」が貰えます。1922年に、飯坂温泉のお湯の中から日本で初めて天然の放射性物質であるラジウムが発見されました。これにちなんで“ラヂウム玉子”の名前が付けられたのです。ちなみにお湯に含まれるラジウムは微量で、温泉卵にはラジウムが含まれていません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう