国見町が行うふるさと納税の内容

福島県国見町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

国見町の紹介とふるさと納税の推移

国見町は、福島県北部、宮城県との県境に位置し、平成28年現在で人口9,534人を有する町です。地域には国道4号線を始め東北自動車道国見インターがあり、交通アクセスに恵まれた町でもあります。主な産業としては農業があり、中でもモモやリンゴなどの果樹栽培が盛んに行われています。
国見町のふるさと納税は、制度初年平成20年には520,000円の寄附が寄せられ、翌21年には99,580円へと減少しています。22年においても100,000円となり、その後、平成25年までは、23年554,000円、24年464,000円、25年210,000円と推移しています。翌26年には初めての100万円超えとなる1,263,000円の寄附が寄せられており、平成27年においては、寄附件数115件に対して寄附金額5,340,000円と、大きく増加をしています。

ふるさと納税の活用事業と申込方法について

福島県国見町では、ふるさと納税に関して「国見町ふるさと振興基金」として積立を行い、それぞれの事業に活用をしています。現在設けられている事業は、安全安心のまちづくり事業、子育て支援事業、健康増進事業、元気なまちづくり事業の4つがあり、他に、指定無しとして、案件に応じて寄附金が活用される事業があります。
国見町のふるさと納税申込は、納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」もしくは、応援寄付金申込書で手続きを行うことになり、申込書の場合には、国見町役場 総務部 財政課が窓口となります。
送金に関しては詳細な内容が掲げられており、クレジットカード、銀行振込、現金書留、自治体窓口で行うことができます。注意点としては、それぞれに窓口が指定されていることがあり、例えば、銀行振込では指定金融機関と振込口座、振込口座氏名、自治体窓口では受付時間が定められています。

ふるさと納税で贈られる返礼品の内容

福島県国見町では、ふるさと納税のお礼に、返礼品として町の特産物の贈呈を行っています。返礼品は、寄附に応じて選ぶことができ、条件としては、町外在住の個人、10,000円以上の寄附金額が対象となります。
返礼品には、10,000円以上、50,000円以上、100,000円以上の3コースがあり、商品の選択パターンが定められています。まず、10,000円以上では10,000円コース15商品から1つとなります。2つ目として、50,000円以上では50,000円コース1商品か、10,000コースから4つを選ぶことになります。3つ目となる100,000円以上では、100,000円コース1商品か、50,000円コース1商品と10,000円コースから2つ、または、10,000円コースから6つを選ぶことになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう