喜多方市の魅力あるふるさと納税

福島県喜多方市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

福島県、喜多方市のふるさと納税の現状

福島県、喜多方市の平成28年8月末の時点でのふるさと納税者は589人、その納税額は8,194,141円になっています。喜多方市では7つの事業に分けて納税を募っており、その事業は順に豊かな心を育む人づくり、地域の特色を生かした産業づくり、市民の知恵と地域資源を活かした地域社会づくり、健康で安全にかつ安心して生活できる暮らしづくり、自然と共生する美しく快適なふるさとづくり、市長お任せ、寄付者の指定事業と幅広い観点から募集を行っています。28年8月末の時点で一番寄付金額が多いものは、市長お任せで2,890,500円となっています。次いで、豊かな心を育む人づくりが、1,395,000円、自然と共生する美しく快適なふるさとづくりに1,525,000円となっています。

喜多方市のふるさと納税、御礼は何?

ふるさと納税はあくまでも寄付なので御礼は何?と期待するのは憚れるものがありますが、そうではありません。5千円以上の寄付をすると、記念品を贈呈してもらえます。この記念品どうやってもらうかというと、ふるさと納税を行う際に「喜多方市ふるさと納税記念品一覧」から、好きな品物をあらかじめ選び、寄付申込書に番号と記念品名前を記入して申し込むようになっています。寄付金の入金が確認されたのち、協賛事業者から記念品が贈られるようになっています。寄付金額5千円以上1万円未満、1万円以上3万円未満、3万円以上、5万円以上10万円未満、10万円以上30万円未満、30万円以上というように、寄付金額の金額に応じて記念品の種類や量が変わってきます。ここで注意が必要なのは、記念品については市外在住の方に限らせていただきます。と明記されていることです。

福島県のふるさと納税、喜多方市の魅力。

注目すべきなのは、喜多方市の水です。環境省の「平成の名水100選」にも認定されている飯豊山に連なる栂峰から流れ出る「栂峰渓流水」のお蔭で米、野菜など農産物、酒、そば、ラーメンとなんでも美味しいものになっています。地域の名産品が多く、どの記念品を選んでも間違いなく、美味しいことは確実です。美味しいものを頂きながら、自然に溢れる喜多方市を堪能するのも良し、記念品をきっかけとして喜多方市に足を運んでみるのも良いでしょう。盆地特有の気候で夏は厳しい暑さが続くこともあったり、冬は寒冷で豪雪に見舞われることもある地域です。厳しい自然があるおかげで四季の移ろいがハッキリと感じられることも事実。その自然が生み出す豊かな農産物に感謝しつつ、喜多方市を応援していきたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう