自慢のフルーツを活かした山形市のふるさと納税

山形県山形市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山形市のふるさと納税といえばフルーツ

山形県は緑が豊かな自然環境に囲まれており、フルーツの特産物が数多く、特にラフランスやサクランボは日本一の生産量を誇るフルーツ王国として広く知られています。山形市のふるさと納税の返礼品としてもこれを最大限に活用し、さくらんぼやぶどう、桃など多くのフルーツが人気を博しています。フルーツは収穫する時期の関係によりあらかじめ発送する時期の決まっているものが多いため、そのことを考慮して寄附する必要があります。その点を踏まえ、山形市では前もって予約申し込みをすることで旬の季節に旬のフルーツを手に入れることができるというサービスを取り入れています。寄附金の使い道は2つあり自分で選ぶことができます。高齢になっても市民が健康に暮らすことのできるような街づくりのための資金、もしくは子どもが生まれる前を含め成長する過程における教育・保育環境を整備するための資金の二つです。

山形市のふるさと納税ではサクランボが人気

春夏秋冬、1年を通して旬のフルーツが豊かに実る山形県ですが、温度管理や虫・鳥の害、天候に気を使って大切に育てたサクランボが山形市のふるさと納税の返礼品として人気です。一粒ずつ丁寧に手で摘み取られたサクランボは果肉・果汁がとても多く、甘みと酸味の絶妙なバランスの良さが特徴です。山形県は四季の変化が鮮やかであり、山間部における冬の豪雪は山に貯えられて、やがて清らかな湧き水となって田を潤しています。また年間及び昼夜の温度差が大きいという天候上の特色から、サクランボづくりに最適な条件の揃った産地として知られており、実際にサクランボの生産において日本の全生産量の約70%を占めています。初夏のフルーツといえば山形のサクランボといっても過言ではありません。

秋はぶどうがふるさと納税でお勧め

山形のぶどうは大粒で色づきが良く、甘くてとても美味しいことで知られています。山形県のぶどう栽培は江戸時代初期に甲州から苗木が伝わり、それから始まったと言われています。山形県の盆地は周囲を2000メートル程度の山で囲まれており、気候の特色として昼夜の寒暖差が大きいうえ、ぶどうの成熟期に晴天が多く夏場の降水量が少ないことが挙げられます。この気候がぶどうの栽培に最適であり、それゆえ山形のぶどうは秋のフルーツとして代表的な存在です。また、山形県には観光ブドウ園や直売所などが多く存在しており、旬の季節である秋は家族連れの人たちでとても賑わっています。排水の良い土地で成熟期に太陽の光をたっぷりと浴びて育ったぶどうは、山形市のふるさと納税の返礼品として抜群の人気を誇っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう