特産品の種類が豊富な最上町のふるさと納税の魅力

山形県最上町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

最上町のふるさと納税の現況

山形県の北東に位置する場所に存在する最上町は、周囲は山に囲まれた盆地で自然豊かな町です。かつては戦国時代の最上氏が治めた地域でその名前がそのまま町名になっており、人口約9,000人の過疎地域市町村になっています。
過去5年の最上町のふるさと納税の寄附件数については、2011年度は0件、2012年度は10件、2013年度は3,813件、2014年度は20,019件、2015年度は27,487件と推移しています。寄附金額については2011年度は0円、2012年度は640,000円、2013年度は42,563,102円、2014年度は240,224,755円、2015年度は325,528,926円と山形県でも多くの寄附件数・金額を集めている特徴が見られます。

最上町のふるさと納税のお礼を貰う方法

最上町のふるさと納税は、近年は寄附件数で2万件を超えるほど人気であり、その理由の一つに多彩なお礼の品物が用意されている点があります。寄附金額としては5,000円以上から始めることが可能で、100万円以上まで寄附金額に応じて様々とコースが細分化されている特徴が見られます。
寄附金額の入金期日までに入金し、沢山のコースから該当するコースのお礼の品物から一点選択する形になります。web上にてお礼の品物のコースや入金期日を確認できるので確認を行いながらできます。
そしてふるさと納税の使い道は、条例によりふるさともがみ応援基金を創設され、子供の教育振興や子育てにやさしい街づくり、健康と福祉を支える街づくり、地場産業と人口拡大の街づくり、循環社会に向けた環境にやさしい街づくりに活用されます。

ふるさと納税のお礼の品物の種類と特徴

最上町は山形県の周囲を山に囲まれた地域に位置しますが、自然豊かな環境を利用しての特産品が多い地域です。お礼の品物で人気なのは、お米で「はえぬき」や「つや姫」といったブランド米、天然の松原鮎、山形県内を中心に生産されている米沢牛に並ぶ最上牛が見られます。
なお100万円以上の高額寄附に対応したペレットストーブは、木質バイオマスを使用したストーブで全国向けに設置費用込みによるお礼の品物として登場しています。自宅に取り付けを希望されることも多いお礼の品物の一種で、大変な人気にもなっています。
他にも地元の採れたて新鮮野菜セットや温泉利用商品券、味噌や地酒、調味料なども見られ、グルメ品が特に充実しています。またチェンソーアート作品、最上焼の焼物などの美術工芸品も見られ、優れた逸品も揃っています。
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう