山形県東根市にふるさと納税してみる

山形県東根市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

山形県東根市とはどんなところ

東根市は山形県の中央部にある都市で、山形盆地の北部にある最上川東岸に位置しています。東北自動車道の東根インターがあり、また国道13号や48号もあるためアクセスは比較的良いところです。また鉄道においても近年、さくらんぼ東根駅が新たに作られており山形新幹線も停車します。産業はサクランボやリンゴなどの果物の生産が昔から盛んで、サクランボの人気品種である佐藤錦はこの東根市から生まれています。農業のほかにもさくらんぼ東根駅周辺では大規模な工場地帯があるため、工業も盛んな地域です。そのため近年急激に人口が増えている地域でもあります。駅周辺では新興住宅地も増えてきており、主に若い子育て世代の人たちが増えてきています。子供の数が増えてきているため、市では子供や住みやすいように環境を整えたいと考えています。そのためにふるさと納税をお願いしています。

山形県東根市のふるさと納税の粗品とは

東根市はもともとサクランボやりんごなどの果物の生産が盛んな地域なので、ふるさと納税の粗品はさくらんぼやりんごなどの果物類が多いです。しかしながらさくらんぼなどは時期が限定されるため一年中あるというわけではありません。あったとしても人気が高いため、すぐに品切れしてしまうようです。そのほかにも山形のお米であるつや姫や、山形のブランド牛である山形牛もあり人気が高いです。お米や山形牛などは一年中あるため、手に入れやすい粗品であるようです。一万円以上の納税から果物やお米、山形牛のセットが用意されており好きなものが選べるようになっています。二万五千円以上の納税だと東根にある酒造メーカーのおいしいお酒のセットも用意されています。お酒の好きなひとにとっては魅力的な粗品だといえるでしょう。

山形県東根市のふるさと納税の使い道とは

ふるさと納税の目的は多くの人はその地域の名産品をお得に手に入れるためにするひとが多いですが、中にはその地域のために役立ててほしいために納税するひともたくさんいます。納税するからには、何に使われるのかきちんと知りたいものです。そのため東根市では寄付金をどんなことに使ったのか、随時細かく説明されています。最近では子供のための大型遊戯施設や学童保育所の整備のために使われているようです。東根市は子供の人口が急激に増えているため、主に子供のためにつかわれているようですが、そのほかにもさくらんぼのPRのために使われたり、地域のお年寄りのために使われたりしているようです。また東根には日本一大きなケヤキの木がありその保存のために使われたり、さくらんぼ東根駅周辺の整備のためにも使われているようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう