面倒な手続きは不要?ふるさと納税の特徴と活用する際の注意点

2008年から開始され、活気づいているふるさと納税の制度。
ふるさと納税をまだ申込みをしたことがない人は、「納税」という名称から行政の手続きが必要で面倒なイメージを持たれているかもしれません。今回はそんな人でもわかりやすいように、ふるさと納税の特徴や注意すべき点を紹介します。納税の手続きは難しくありません。ぜひお得なこの制度を活用してみて下さい。

-AD-

ふるさと納税とはどのような制度なのか

地方で生まれ育ち、今は都会に住んでいる人たちが多いのが日本の現状です。そのような人達が税制を通じて、ふるさとに恩返しが出来るような仕組みができないかという想いから、導入されたのがふるさと納税です。ふるさと納税は納税者が寄付先を選択し応援したいと思う地域の貢献ができる制度です。

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税には、いくつかの特徴があります。1つ目の特徴は、お礼品がもらえるということです。お礼品は寄付をした地域の工芸品や食材等の特産品が贈られてきます。2つ目の特徴は、税金の控除が受けられることです。控除額は年収や家族構成によって異なりますが、4万円の寄付をして3万8千円の税金控除がされることもあります。さらにふるさと納税は税金の使い方の希望を、寄付する人が伝えられます。また寄付する自治体を自由に複数の選択ができることなどが挙げられます。

どこで手続きができるのか

ふるさと納税の寄付先の自治体が決まったら、納税には行政の手続きが必要になります。手続きは、各自治体のホームページから、申込フォーム、申込用紙のメール送信、申込用紙FAX、お電話などの方法があります。

まずは寄付する自治体を選んでみよう

ふるさと納税することを決めたとしても、その後どこに寄付すべきか悩んでしまう場合は少なくありません。全国に多くの自治体がある中で、一体どのように寄付先を決めればよいのでしょうか?最も簡単な方法は全国の寄付が可能な自治体の地域情報やお礼品について調べ、納税先を選ぶことです。納税したい自治体が決まれば申し込みましょう。

ふるさと納税の手続き方法

ふるさと納税の手続きは、面倒なことはなく簡単にできます。手続き方法は主にインターネットからの申込か書面による申し込みの2通りです。自治体によって詳細の手続き方法は異なります。詳細は面倒がらずに自治体へ確認して取り組みましょう。

あらかじめ知っておくべき、ふるさと納税の注意点

ふるさと納税は、納税という名称がついていますが義務ではなく自分の意思で行使できる権利です。この制度を利用することで特産物がお礼品として送られてきます。ふるさと納税は年々寄付金額も増え注目を集めています。しかしこのふるさと納税を利用する際は注意点もあります。それは「住民税の控除は自動的には控除されない」ということです。このことを理解して、ふるさと納税を済ませた後は、しかるべき事務手続きを行いましょう。還付を受けるためには確定申告、そして住民税控除の為の手続きが必要です。ふるさと納税を活用する際は、その後の事務処理を忘れないように注意しましょう。

2,000円を下回る寄付金は認められてないのか

ふるさと納税は寄付金額としての上限金額はありません。複数の自治体に、個人の意思でいくらでも納税することが可能す。しかし各地方自治体の処理がパンクし、却って人件費などがかかってしまう恐れから2,000円を下回る金額の寄付は認められていません。ふるさと納税は、原則として2,000円以上の金額から寄付となっています。しかし例外として自治体によっては、更に下限額を引き上げている所もあります。

ふるさと納税する際は確定申告をセットで考えよう

ふるさと納税をすると控除と還付が受けられますが、そのためには確定申告が必須となります。個人事業主や経営者の方は、毎年確定申告しているので問題ないかもしれません。注意すべきは労働者として働いている場合です。2015年度から労働者の場合は確定申告ではなく、簡単な書類を、寄付した自治体に送ることで処理できるようになりました。この手続きを忘れないように注意しましょう。

まとめ

ここまでふるさと納税の特徴と、手続きをする際の注意点について紹介しましたが、いかがでしたか。簡単に手続きができて嬉しい特典がいっぱいのふるさと納税ですが、確定申告は欠かせません。また税の仕組みなど事前に理解するべきことも存在します。税金について理解するのは多少面倒に感じる場合もあるかもしれませんが、この手間を惜しんではいけません。なぜならふるさと納税には、その手間をかけるだけのメリットがあるからです。ふるさと納税は、実質的負担をほぼゼロで、寄付額に応じた控除や還付が受けられます。これだけでも充分なメリットですがさらに地方の豪華な特産品が贈られてくるわけですから、取り組まない理由の方が見つけにくいですよね。ふるさと納税を活用する際は、その特徴や税金のルールを理解して、正しい手続きを行いましょう。

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税には、いくつかの特徴があります。1つ目の特徴は、お礼品がもらえるということです。お礼品は寄付をした地域の工芸品や食材等の特産品が贈られてきます。2つ目の特徴は、税金の控除が受けられることです。控除額は年収や家族構成によって異なりますが、4万円の寄付をして3万8千円の税金控除がされることもあります。さらにふるさと納税は税金の使い方の希望を、寄付する人が伝えられます。また寄付する自治体を自由に複数の選択ができることなどが挙げられます。

ふるさと納税とはどのような制度なのか

地方で生まれ育ち、今は都会に住んでいる人たちが多いのが日本の現状です。そのような人達が税制を通じて、ふるさとに恩返しが出来るような仕組みができないかという想いから、導入されたのがふるさと納税です。ふるさと納税は納税者が寄付先を選択し応援したいと思う地域の貢献ができる制度です。

どこで手続きができるのか

ふるさと納税の寄付先の自治体が決まったら、納税には行政の手続きが必要になります。手続きは、各自治体のホームページから、申込フォーム、申込用紙のメール送信、申込用紙FAX、お電話などの方法があります。

まずは寄付する自治体を選んでみよう

ふるさと納税することを決めたとしても、その後どこに寄付すべきか悩んでしまう場合は少なくありません。全国に多くの自治体がある中で、一体どのように寄付先を決めればよいのでしょうか?最も簡単な方法は全国の寄付が可能な自治体の地域情報やお礼品について調べ、納税先を選ぶことです。納税したい自治体が決まれば申し込みましょう。

ふるさと納税の手続き方法

ふるさと納税の手続きは、面倒なことはなく簡単にできます。手続き方法は主にインターネットからの申込か書面による申し込みの2通りです。自治体によって詳細の手続き方法は異なります。詳細は面倒がらずに自治体へ確認して取り組みましょう。

あらかじめ知っておくべき、ふるさと納税の注意点

ふるさと納税は、納税という名称がついていますが義務ではなく自分の意思で行使できる権利です。この制度を利用することで特産物がお礼品として送られてきます。ふるさと納税は年々寄付金額も増え注目を集めています。しかしこのふるさと納税を利用する際は注意点もあります。それは「住民税の控除は自動的には控除されない」ということです。このことを理解して、ふるさと納税を済ませた後は、しかるべき事務手続きを行いましょう。還付を受けるためには確定申告、そして住民税控除の為の手続きが必要です。ふるさと納税を活用する際は、その後の事務処理を忘れないように注意しましょう。

2,000円を下回る寄付金は認められてないのか

ふるさと納税は寄付金額としての上限金額はありません。複数の自治体に、個人の意思でいくらでも納税することが可能す。しかし各地方自治体の処理がパンクし、却って人件費などがかかってしまう恐れから2,000円を下回る金額の寄付は認められていません。ふるさと納税は、原則として2,000円以上の金額から寄付となっています。しかし例外として自治体によっては、更に下限額を引き上げている所もあります。

ふるさと納税する際は確定申告をセットで考えよう

ふるさと納税をすると控除と還付が受けられますが、そのためには確定申告が必須となります。個人事業主や経営者の方は、毎年確定申告しているので問題ないかもしれません。注意すべきは労働者として働いている場合です。2015年度から労働者の場合は確定申告ではなく、簡単な書類を、寄付した自治体に送ることで処理できるようになりました。この手続きを忘れないように注意しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう