ふるさと納税で貰える愛南町の特産品はクロマグロ1尾

愛媛県愛南町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

愛媛県愛南町の特徴と寄附金の使い道

愛南町は愛媛県南部に位置しており、町の面積が238.99平方キロメートルある市町村です。2016年現在この町には約2万3000人が暮らしています。人口密度は、1平方キロメートルあたり96.2人です。2004年に南宇和郡にある4町1村が合併して出来た町が愛南町ですが、合併してから人口が減少し続けています。そのため。人口の著しい減少により総務省から過疎地域市町村に指定されています。愛媛県愛南町は第1次産業の活性化と地元ブランドの創造を行うため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。ふるさと納税を導入してから、多くの方に申し込みがあり2015年度には個人と法人様から8500件のふるさと納税がありました。ふるさと納税で寄付されたお金は生活環境事業や産業と観光事業などで活用されています。

岩牡蠣や温州みかんなどの特産品

愛媛県愛南町にふるさと納税で応援した人達には、心ばかりのお礼として地元の特産品が贈呈されます。寄附金額に応じた謝礼品が貰えますが、貰えるのは町外在住の個人で1万円以上の額をふるさと納税した方に限ります。1万円以上のレギュラーコースで貰える謝礼品で人気が高い謝礼品は、ナイフ付き岩牡蠣セットや温州みかんなどの農作物です。ナイフ付き岩牡蠣セットは、町が実施する海水検査に合格しないと岩牡蠣の出荷が止められてしまうので、特に夏場などは注意しましょう。主の岩牡蠣は他の牡蠣よりも大きく、濃厚でクリーミーです。温州みかんをはじめとする農作物は、申し込みは可能ですが発送時期は町が決定するので送られてくる時期は不明です。冬の果物として定番の温州みかんは、甘さと酸味がバランス良く食べやすくなっています。

クロマグロ1尾と丹波篠山東門牛

2万5000円以上のふるさと納税を行った場合は、愛南町の港で水揚げされた新鮮な海産物や丹波篠山東門牛、100万円以上だと60kg前後の本マグロ1尾が貰えます。新鮮な海産物とはクエや特大カツオ、愛南産の寒ブリなどがあります。クエは見た目からは想像できない繊細な味を持っており、上質な脂が特長です。特大カツオは競り場から直接届けられる魚で、秋から冬にかけて大きくなったカツオを1尾貰えます。次に寒ブリは愛南町が誇る海産物で、水揚げされたブリを直ぐ解体しているので、刺身やしゃぶしゃぶにして味わいましょう。丹波篠山東門牛は、姉妹都市提携をしている篠山市と特産品交換で入手した品です。熱を加えると脂部分が溶け、お肉がマシュマロのような柔らかさになります。100万円以上の本マグロはクロマグロで、水揚げされると直ぐクール便で発送されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう