ふるさと納税で貰える記念品は鳴門市の農作物と工芸品

徳島県鳴門市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

鳴門市の概要とふるさと納税金で行う事業

鳴門市は徳島県の北東に位置しており、鳴門海峡に西側にある市町村です。もともと板野とよばれる郡に属していましたが、独立しています。市の北側には、本州との玄関口である大鳴門橋があります。鳴門市の総人口数は約6万人で、高齢者率と子どもの割合は全国平均と殆ど同等です。30年前と比較しても人口の増減がなく、瀬戸内海式気候で穏やかな市町村です。徳島県鳴門市がふるさと納税制度を導入したのが、2008年で2015年までに累計で3500件を超える申し込みがありました。金額にすると約8000万円のふるさと納税分が集まっています。ふるさと納税によって寄付された貴重なお金は、社会福祉と高齢者福祉の向上や防災及び防犯対策の強化事業など、11種類の地域活性化事業で活用しています。

徳島県鳴門市がおすすめする返礼品

徳島県鳴門市のために、ふるさと納税という形で寄付した鳴門市外在住の方には、市の農作物と魚介類などの特産品やサービスの利用券が貰えます。鳴門市がおすすめする記念品は、なると金時で有名なサツマイモとレンコンと大粒いちごなどの農作物と酒類です。なると金時は、日本のサツマイモの中でトップブランドで、鳴門市を代表する農作物です。海塩やミネラルを多く含んだ砂地で生産しており、ビタミン類と食物繊維が豊富です。レンコンもまた、徳島県を代表する農作物で全国出荷ランキングで2位を獲得しています。大粒いちごは、「うずしおベリー」という品種で鳴門独自の栽培方法を採用していて、返礼品で1番人気がある物です。最後に酒類は、地元で醸造された純米原酒や芋焼酎など、10種類近くの異なった味を楽しめます。

高額納税で貰える工芸品やサービス利用権

ふるさと納税で3万円以上の額を寄付した場合は、1万円コースとは違った豪華な工芸品やサービス利用権が貰えます。工芸品とは具体的に挙げると、シルクストールとショールといったファッションアイテムやフラワーアレンジメントがあります。シルクストールとシェールは、徳島にある小さな工房で染められています。藍染めの色は世界中で「JAPAN BLUE」の愛称で親しまれるほど、深く鮮やかな色で、どんな服装でも合うように作られています。フラワーアレンジメントは、高品質なローズを使用してアレンジしています。結婚式のブーケ用や家に飾る用など用途は問いません。貰えるサービス利用券は、徳島県鳴門市にあるホテルで使えるギフトチケットが殆どで、1000円割引券が20枚貰えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう