徳島県名東郡佐那河内村の紹介とふるさと納税の特典

徳島県佐那河内村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

徳島県名東郡佐那河内村の紹介

佐那河内村は徳島県北東の内陸部に位置する村で、徳島県内で唯一の村です。村内には嵯峨峡や清流の源などの観光スポットがあります。
村の特産品には柚子やミカン、スダチ、デコポンなどの柑橘類や苺などの果物、和牛(大川原高原牛)などがあります。
ふるさと納税の特典にもスダチの果実や、スダチを使った加工食品が利用されています。
佐那河内村のふるさと納税は、特典を選んでから寄付の申し込みを行います。回数制限がないので、何度でも利用できます。佐那河内村のふるさと納税は最低3千円の寄付で特典品と交換することができ、1回の寄付で最大10品まで特典品の申込みができます。
収穫時期によって交換ができる農産物が異なり、果実を希望する場合にはそれぞれの収穫期に合わせて出品状況をこまめにチェックすることをおすすめします。

佐那河内村でおすすめの特典品の紹介

佐那河内村では、ふるさと納税の特典品としてスダチの果実や加工品を幅広く選ぶことができます。
一番のおすすめ品はスダチの果実や果汁などの加工品です。3千円の寄付で「すだちポン酢」や「すだち果汁」(300ml)が貰えます。すだち果汁では5千円の寄付で貰える「すだち果汁」(1L)がお得で、料理の際に香りづけなどに幅広く利用できる便利な調味料です。焼酎を炭酸とすだち果汁で割ると、香りの良いすだち酎ハイが楽しめます。
収穫期になるとすだちやその他の果実を選ぶことができます。募集時期ですが、ハウスすだちであれば7月下旬、露地すだちであれば9月上旬、デコポンは3月下旬、ミカンは2月中旬、キウイは1月上旬が目安です。希望する果物の募集時期が来たら、出品状況をこまめにチェックすると良いでしょう。

お得なオーナー権の紹介

佐那河内村でふるさと納税で2万円以上を寄付すると、キウイ、スダチ、ゆず、ミカンのオーナー権(1シーズン)が貰えます。収穫時期が来たら自分で現地に赴いて収穫作業を行い、収穫した果物は全部持って帰ることができます。
最低保障収穫量はキウイ30kg、すだち20kg、ゆず20kg、みかん50kgです。すだち、ゆず、キウイは1kgあたり1,500円~2,000円くらいで販売されているので、購入するよりもオーナー権を利用して自分で収穫する方がかなりお得です。収穫時期ですが、ゆずとミカンは11月~12月、すだちは9月ごろ、キウイは10月~11月です。往復の交通費と収穫物の輸送費用を負担する必要がありますが、大量の収穫物が得られます。
消費し切れない分は御近所におすそ分けしたり、ネットオークションで売ることができます。
ふるさと納税で果物狩りを楽しむのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう