香川県小豆郡小豆島町のふるさと納税の紹介

香川県小豆島町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

香川県小豆郡小豆島町の紹介とふるさと納税

香川県小豆郡小豆島町は、瀬戸内海に浮かぶ県内最大の小豆島にある町です。小豆島は江戸時代中頃まで皇室の御料地や幕府の直轄地でした。幕末は津山藩領で、明治維新まで四国のどの藩にも属していませんでした。そのため伝統的な小豆島の特産品は讃岐うどんではなくて素麺なのです。
瀬戸内地方は温暖で雨が少ない気候で、地中海とよく似ています。このため小豆島では古くからオリーブの栽培が行われており、オリーブの加工品も島の特産品です。
ふるさと納税で小豆島町に寄付をすると香川県の特産品である讃岐うどんの他に、素麺やオリーブオイルなどの特典品が貰えます。
小豆島町のふるさと納税はポイント制を採用していて、最低1万円の寄付をすると20ポイントが付与(即時発行)されます。ポイントは2年間有効ですが、期間内に寄付をしてポイントを追加すれば古いポイントも一緒に有効期限が更新されます。

小豆島町でおすすめの特産品

小豆島町にふるさと納税をして付与されたポイントを使って、特産品や体験チケット、旅行クーポンなどと交換ができます。ポイントが得られる最低寄付額は1万円ですが、1万円未満相当額のポイントでも特典と交換ができます。
一番のおすすめは、小豆島の特産品である素麺です。素麺は乾麺と半生タイプから選ぶことができます。いずれも麺のコシが強く、小麦のほのかな甘い味が感じられる逸品です。半生タイプの素麺は7千円相当額のポイントから交換ができます。
乾麺は1万円相当額以上のポイントで交換ができ、赤帯と黒帯から選択できます。黒帯とは冬期に生産されたもので、麺に含まれる塩分の量が少ないので小麦の味が強く感じられる高級品です。乾麺(黒帯)を1年間寝かせた古物(ひねもの)は、更に味に深みが出て最高級品となります。

食品以外でおすすめの特典

小豆島町ではふるさと納税の特典として、食品以外の返礼品も用意されています。
1万円相当額のポイントで、オリーブの苗木(約40㎝)が2本貰えます。2本セットの理由は、結実するためには2種類の木を近くに植える必要があるからです。大きめの植木鉢で鉢植えするか、地面に植えて栽培することができます。上手に育てれば、オリーブの実が収穫できるようになります。
同じく1万円相当のポイントで手延べそうめん作り体験・工場見学ができます。体験コースには素麺の試食やお土産の素麺もセットになっています。
1万1千円相当のポイントで、カヤック体験(90分コース、1名分)ができます。未経験者でもインストラクターに指導してもらえます。
その他に旅行クーポンや化粧品などと交換することもできます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう