香川県観音寺市の紹介とふるさと納税

香川県観音寺市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

香川県観音寺市の紹介

香川県観音寺市は香川県西端に位置する市で、北側には瀬戸内海、西側は愛媛県、南側は徳島県との県境があります。
市内には「寛永通宝」の砂絵と「世界のコイン館」などの観光スポットがあります。
観音寺市は2011年までテーブルマーク(旧加ト吉)の本社がありました。加ト吉は世界初の冷凍うどんを発売した会社で、当市は冷凍うどん発祥の地です。
観音寺市を含めて香川県の特産品はうどんが有名です。市内では柑橘類の栽培が盛んで、ミカンやデコポンに似た不知火(しらぬい)、レモンなどが栽培されています。他にもトウモロコシやメロンなども生産されています。
観音寺市にふるさと納税をすると、特典として讃岐うどん、醤油、果物などの特産品が貰えます。寄付の方法は特典を選んでから寄付の申し込みを行い、寄付の支払いの手続きを行います。特典品ごとに支払いの手続きをします。

ふるさと納税で讃岐うどんを味わう方法

観音寺市も県内の他の自治体と同様にふるさと納税の特典として、名物の讃岐うどんを選ぶことができます。うどんの種類は半生タイプの麺と乾麺から選択できます。
うどんでおすすめは、1万円の寄付で貰える「あさひうどん乾麺セット(90人前)」です。これはうどんと冷麦(乾麺)のセットで、1食あたり約110円とかなりお得です。乾麺なので常温で長期間保存できますし、夏は冷やしうどんで、冬は温かいかけうどんや鍋に利用できます。
地元には茹でたて、または水で冷やしたうどんを醤油とスダチまたはカボス、大根おろし、ネギなどの薬味で食べる「しょうゆ(醤油)うどん」という料理があります。固めに茹でた乾麺はしょうゆうどんにぴったりです。うどんに合う醤油は1万円の寄付で貰える「丸福醤油詰合せ」がおすすめです。
ふるさと納税で、しょうゆうどんを味わってみるのはいかがでしょうか。

うどん以外におすすめの特典品の紹介

観音寺市では柑橘類や野菜の栽培が盛んで、ふるさと納税の返礼品にも季節限定で出品されています。
特におすすめの品は、1万円の寄付で貰える「特選低温貯蔵ハウス不知火」(特選2Lサイズ約2.8kg 11玉)で、贈答用として利用できます。不知火はデコポンに良く似ていますが、内袋が柔らかくて甘味が強いという特徴があります。自家用であれば同じく1万円の寄付で貰える「特選 はるみ」(特選フリーサイズ(約5kg 50個程度)があります。
柑橘類以外にも1万円の寄付で貰える「銭形メロン」(大玉2玉)も高い人気があります。
夏の時期であれば1万円の寄付で貰える「スイートコーン(ピュアホワイト)14本」がおすすめです。
農産物は申込時期が限られていて、人気の高い物はすぐに品切れになってしまうので、こまめに出品状況をチェックするようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう