宇多津町にふるさと納税で寄付すると県産うどんや宿泊券が貰える

香川県宇多津町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

香川県宇多津町とふるさと納税の使い道

宇多津町は香川県にある市町村の中で、人口密度と人口増加率が高い町です。香川県宇多津町の人口は、約1万8000人で高齢化率は低く子どもの割合が全国平均よりも高いです。45年前の1970年の人口9569人から、2倍近くの人たちが市外から移り住んでいます。主に第1次産業と第3次産業によって、地域社会が活性化しています。もっと町を活気づけるため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。2015年までにふるさと納税を使って香川県宇多津町に寄付された金額は約3100万円です。ふるさと納税で寄付されたお金は、まちづくりの基金として積み立てて、町の緑化や防災及び防犯の事業で必要な財源として活用します。そのほか、町長が決めた政策で利用される場合があります。

本場讃岐うどんなどの謝礼品

ふるさと納税で香川県宇多津町に1口1万円以上の寄付をした場合、町から地元の特産品やサービス利用券などが貰えます。ふるさと納税で寄付した総額によって、謝礼品のグレードがアップします。1万円以上から貰える豪華な品は、宇多津町特産品セットや本場讃岐うどんセット、シャンプーとリンスセットです。その他、コーヒー豆やデザート類があります。宇多津町特産品セットは、町内の農家で丁寧に栽培された米粉を使ったうどん、珍しい砂糖を使ったデザートなどが入ったお得セットです。本場讃岐うどんセットは、香川県産の高品質な小麦粉と瀬戸内海の海塩を使っており、本場独自の強いコシと喉越しを体感できます。シャンプーとリンスのセットは、天然アミノ酸と米エキスを配合したシャンプーとリンスで、地元の振興財団さんが事業者です。

香川県産牛肉や町家の貸切宿泊券

4万円以上の高額寄付をふるさと納税ですると、オリーブ牛ロースステーキや古民家の宿泊券が貰えるようになります。オリーブ牛ロースステーキは、オリーブの絞り汁を配合したエサで育てられた香川県産の牛を使用しています。肉質は柔らかく、しつこくなく甘みがある脂肪です。食べ方は宇多津入浜式の塩をかけて食べると良いでしょう。古民家の宿泊券は、正式名は古街の家と呼び店舗併設型の住宅を指します。古街の家は2種類あり、好きな方から選べます。しかし宿泊できるのは1名だけなので、家族や友人と一緒に行きたい場合は、もう一枚宿泊券を申し込む必要があります。2種類の部屋は、どちらの町家も東洋文化研究家の指導のもと改修されています。一棟丸ごと借りられると観光客から人気があり、香川県内観光の拠点としても期待されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう