ふるさと納税で本山町の魅力ある名産品が貰える

高知県本山町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

本山町の概要とふるさと納税金の用途

本山町は高知県の北部にある町で、長岡という郡に属しています。この町の近隣には早明浦ダムがあり、近年だと本山町は天空の郷の愛称で親しまれています。現在の高知県本山町の人口数は3500人前後で、10年前と比較すると約800人の人口減少が起こっています。高齢者が約半数おり、総務省から過疎地域市町村に認定されています。地域社会活性化のため、2008年からふるさと納税制度を新たに導入しています。導入当時は、2件だった申し込み数も現在は212件を超える申し込みがあり、累計ふるさと納税額が約400万円あります。ふるさと納税という形で寄付してもらったお金は、埋蔵文化財や名誉町民資料の保全と高齢者や障害者福祉などの推進事業に必要な財源として活用していきます。

ふるさと納税で寄付すると貰える品

1口5000円単位で2口以上のふるさと納税を高知県本山町に対して行った場合、町からのお礼として謝礼品が貰えます。2口以上のふるさと納税をすると貰えるのは、特別栽培農産物や濁酒などの酒類、吉野川源流セットです。まず特別栽培農産物というのは、高知県本山町の事業者の方々が育てた特別栽培米の「土佐天空の郷」というお米を指します。本山町で栽培していて、美味しいお米に食卓に並べるため、室戸海の苦汁を使用したり比較的大粒の選別するなど、旨みを最大限引き出す調整がされています。次に濁酒は、布姫の舞という商品が貰えます。これは甘口と辛口の2種類があり、ご家族で楽しみたい場合は甘口を選ぶと良いでしょう。吉野川源流セットは、天然ゆず果汁と醸造している醤油に使用されている出汁をブレンドした美味しいポン酢です。さらに、混ぜご飯の素がセットに付属します。

4口以上で貰える名産品や工芸品

2万円以上の額をふるさと納税するとCコースが選べるようになります。Cセットの内容は、すき焼きと焼肉のセットや濁酒と特別栽培米のセット、贅沢ギフトの詰め合わせです。すき焼きと焼肉セットに採用されている肉は、土佐あかうしという高知県産の牛です。飼育される牛が年々減少しており、今では1年で最大500頭しか市場に流通しない希少な牛です。土佐あかうしの肉質は霜降り肉で、脂は飽きにくく特有の風味があり、焼肉でそれらを堪能しましょう。濁酒と特別栽培米のセットは、お米日本一に輝いた経歴がある土佐天空の郷とあっさりとした味わいの濁酒が4個付属するセットです。最後に贅沢ギフトの詰め合わせは、日本で最も美しい町に選ばれた高知県本山町に作られた数々の工芸品が貰えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう