浜頓別町が行うふるさと納税の内容

北海道浜頓別町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

浜頓別町の紹介とふるさと納税の推移

浜頓別町は、北海道宗谷管内南部に位置し、オホーツク海に面した人口3.841人を有する町です。南東、南西は山岳に囲まれ平坦な地域となっており、漁業や酪農を主産業とする町でもあります。浜頓別町には日本最北の湖であるクッチャロ湖があり、一帯の湿原はラムサール条約の保護区に指定されています。
浜頓別町のふるさと納税は、北海道の自治体としては少ない方に属しています。制度初年平成20年の4件210,000円の寄附金から始まり、毎年数十万円で推移しています。最も多くの寄附が寄せられたのは、過去においては平成23年の7件440,000円があり、少ない年は平成26年の5件145,000円となっています。直近となる平成27年は増加をしており、15件の寄附に対して716,000円の寄附金額が寄せられています。

ふるさと納税で行われる事業内容

北海道浜頓別町では、ふるさと納税に関して7つの事業を設けており、寄附者は好きな事業を選択することができます。
事業には目的が明記されているものとしては、自然環境の保護や都市基盤の整備充実を目的とした自然環境を生かしたまちづくりや、医療・福祉や防災・消防などの安全で安心して暮らせるまちづくり、農業や林業、水産業や商業といった様々な産業の振興を目的としたまちづくり、教育や文化の振興を目的とした人づくりや文化をはぐくむまちづくり、住民参画によるまちづくりの5つがあります。残りの2つには、まず、事業の選択を町長に委任をする活用があります。もう1つは寄附者の意向を反映した事業があり、ここでは、寄附者が考えた支援内容に関してふるさと納税が利用されることになり、申込時に用紙に記入をして意向を伝えることになります。

贈られれる返礼品について

浜頓別町では、1回に10,000円以上の寄附をした町外在住の個人を対象として、返礼品となる町の特産品を贈呈しており、寄附回数に制限が無く何度でも申込をすることが出来ます。
現在用意されているコースは、10,000円以上、20,000円以上、30,000円以上の3つがあります。10,000円コースには14の商品が用意されており、1例としては、魚介類としては、毛がにや、独自の調理法で造り上げられたさけとば、タコ、ホタテ加工品があり、どれもがオホーツク海で水揚げされたものが使用されています。また、広大な草地で育った放牧牛の牛乳を使用したアイスクリームも用意されています。
20,000円以上コースには毛がにといくらを中心として4商品が用意されており、30,000円以上では、毛がに5商品にコテージ宿泊券1商品の、全部で6商品が設けられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう