羽幌町が行うふるさと納税の内容

北海道羽幌町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

羽幌町の紹介とふるさと納税の推移

羽幌町は、北海道北部の日本海側に位置し、留萌管内でも中央にある人口7,338人を有する町です。主産業には漁業、農業、観光業があり、町域に暑寒別天売焼尻国定公園の一部である天売島・焼尻島を持つことから多くの観光客が訪れる町でもあります。また、夕日がきれいなことや、甘えびの水揚量が日本一でも知られています。
羽幌町のふるさと納税は、過去6年間では2年毎に大きく増加をする特徴があり、制度初年平成20年が300,000円、翌21年485,000円、22年は2,660,000円となっています。平成23年では510,000円、24年が497,000円となり、翌平成25年には2,987,000円が寄せられています。26年には10件で1,880,000円となるものの、平成27年には4,151件の寄附で70,683,112円の寄附金額と、大幅に増加をしています。

ふるさと納税で行われる事業と実績内容

北海道羽幌町では、ふるさと納税の事業に、天売島・焼尻島の振興のための事業 、未来を担う子どもたちのための事業 、地域産業の活性化のための事業 の4つを設けており、申込では事業を指定して寄附をすることができます。
羽幌町では、平成20年度から平成25年度にかけての事業実績を公表しており、ここでは、6年間の寄附合計7,459,000円に対して、天売島海鳥の保護と共生する環境保全が3,195,000円と、最も多く活用されています。2番目としてはその他まちづくりに資する事業が続き、1,715,000円の寄附金が活用されています。3番目には生活環境整備と健康福祉の充実があり、順に、子どもたちの健全な育成と奨学資金、焼尻島の野鳥や原生林等の自然保護になります。最も少ない事業としては羽幌炭鉱等の歴史・文化の保存があり、活用実績は100,000円となっています。

贈られる返礼品について

北海道羽幌町では10,000円以上のふるさと納税の寄附者を対象として、返礼品の贈呈を行っています。設けられているコースは、10,000円~20,000円27商品、20,000円~30,000円6商品、30,000円~50,000円4商品、200,000円~300,000円1商品、300,000円以上2商品の、全部で5つがあります。
商品ラインナップには日本一を誇る甘えびを始めとして、地元ならではの特産品があり、ユニークな商品としては、羽幌町をより知ってもらうための羽幌港と天売島・焼尻島を結ぶ高速船往復乗船券や、実際に訪れてもらうために用意された、札幌と羽幌を結ぶ沿岸バス「特急はぼろ号」の区間指定乗車券があります。他にも旧羽幌炭鉱エリアの観光があり、ここでは、炭鉱跡を運転手兼ガイドとともに周ることができます。

羽幌町の紹介とふるさと納税の推移

羽幌町は、北海道北部の日本海側に位置し、留萌管内でも中央にある人口7,338人を有する町です。主産業には漁業、農業、観光業があり、町域に暑寒別天売焼尻国定公園の一部である天売島・焼尻島を持つことから多くの観光客が訪れる町でもあります。また、夕日がきれいなことや、甘えびの水揚量が日本一でも知られています。
羽幌町のふるさと納税は、過去6年間では2年毎に大きく増加をする特徴があり、制度初年平成20年が300,000円、翌21年485,000円、22年は2,660,000円となっています。平成23年では510,000円、24年が497,000円となり、翌平成25年には2,987,000円が寄せられています。26年には10件で1,880,000円となるものの、平成27年には4,151件の寄附で70,683,112円の寄附金額と、大幅に増加をしています。

ふるさと納税で行われる事業と実績内容

北海道羽幌町では、ふるさと納税の事業に、天売島・焼尻島の振興のための事業 、未来を担う子どもたちのための事業 、地域産業の活性化のための事業 の4つを設けており、申込では事業を指定して寄附をすることができます。
羽幌町では、平成20年度から平成25年度にかけての事業実績を公表しており、ここでは、6年間の寄附合計7,459,000円に対して、天売島海鳥の保護と共生する環境保全が3,195,000円と、最も多く活用されています。2番目としてはその他まちづくりに資する事業が続き、1,715,000円の寄附金が活用されています。3番目には生活環境整備と健康福祉の充実があり、順に、子どもたちの健全な育成と奨学資金、焼尻島の野鳥や原生林等の自然保護になります。最も少ない事業としては羽幌炭鉱等の歴史・文化の保存があり、活用実績は100,000円となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう