北海道根室市へのふるさと納税の魅力

北海道根室市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

近年人気の根室市へのふるさと納税

北海道根室市は北海道本当の最東端に位置する市です。
納沙布岬や浜松海岸など自然豊かな観光スポットでも有名ですが、近年、高潮の被害を受けたことなどでも話題になりました。
さて、そんな根室市に近年ふるさと納税として多くの寄付金が集まっています。
豊かな海産物が獲れる根室市ですが、寄付金の返礼品として特産品のカニや海老などが選べることがその人気の理由のようです。
特に毛ガニの中でも貴重な花咲ガニは北海道の一部でしか獲れないことから人気が高いのですが、その花咲ガニが返礼品になっていることも話題を呼んでいます。
もちろん根室の名物はそればかりではなく、魚やホタテ、いくらなど多くの海産物が、特に首都圏の人々の人気を博しています。
歯舞昆布を使用したおつまみセットやいかの一夜干しなど、水産加工品も人気があります。

ふるさと納税の主な使われ方

根室市は2015年度、ふるさと納税の納税額が12億円を超え、道内2位の寄付実績を上げたとして話題になりました。
全国から寄せられたふるさと納税の寄付金は、根室市を発展させるための多くの使途に使われています。
たぐいまれな自然環境を保護したり、その自然の魅力を内外に発信する仕組みづくりなどもその一部ですし、少子化対策や医療・福祉などもそうです。
また、北方領土が一日も早く日本に返還されることを願い、返還要求運動推進や運動の後継者の育成、国民の世論喚起のためにも使われています。
またそのほか、寄付してくれた方の意向を反映した、良い街づくりのため必要と認める事業のためにも寄付金が使われています。
近年の寄付金の増額を受けて、これら自治体を盛り上げる活動の内容も充実したものになっています。

事態改善のため努力を怠らなかった根室市

根室市は既述のように高潮により被害や、ロシアの排他的経済水域での網漁の一部禁止措置を受けたりと、経済的打撃を受ける事態が続きました。
その上2014年度まではふるさと納税の実績もぱっとしないものでしたが、「ふるさとチョイス」というふるさと納税サイトを運営する会社と提携したり、事業者説明会を開き返礼品を拡充したりなど努力を行ってきました。
その努力が2015年度の納税額の大きな躍進に結び付いたのです。
根室市の魅力はなんといってもその豊かな海産物で、既述のように貴重な花咲ガニをはじめあまりにも豊富な海産物が返礼品として人気ですが、この傾向はこれからも続きそうです。
また、寄付をする人は既述の5つの寄付金の使い道のうち好きなものを選べるということも人気です。
思い切った改善や特色ある納税の仕方など、個性豊かな根室市のふるさと納税額はこれからも堅調でしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう