鷹栖町が行うふるさと納税の内容

北海道鷹栖町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

鷹栖町の紹介とふるさと納税の推移

人口7,140人を擁する鷹栖町は、北海道のほぼ中央に位置し、北海道第二の都市である旭川市に隣接するなどベッドタウンとしての機能を持つ町です。町域は広大な田園風景を持つ盆地にあり、大雪山や十勝連邦を一望できる町でもあります。主産業としては野菜作りが多く行われており、中でもトマトジュースは高額ながらも人気商品となっています。
鷹栖町のふるさと納税は平成22年の680,000円を除き、初年度平成20年の6件1,250,000円の寄附額から平成24年の2,870,000まで徐々に増加をしています。大きく変化をしたのが平成25年になり、ここでは、1,927件に対して22,146,500円の寄附が寄せられています。翌26年も35,266,001円に増加をしており、平成27年においては4,077件に対して67,440,204円と大幅に上昇をしています。

行われる事業内容と実績について

北海道鷹栖町におけるふるさと納税の使途は、大きく、次代のふるさとを担う子どもたちの活動事業、ふるさとの自然や環境を守る活動事業、心豊かなふるさとの人々を育む活動事業、ふるさとを築いた高齢者の福祉活動事業、その他町長が必要と認める事業の5つがあります。
平成27年における実績は、その他町長が認める事業が最も多く活用されています。2番目としては次代のふるさとを担う子どもたちの活動事業があり、具体的には、保育園の園庭遊具の更新や、子育て支援センターや保育園の知育教材の購入、小学校スクールバンドや中学校吹奏楽部の楽器購入として、集計時点で5,652,000円の寄附金が活用されています。
最も少ない事業としては心豊かなふるさとの人々を育む活動事業が該当し、約60万円程度の寄附金が活用されています。

ふるさと納税で贈られる返礼品の内容

鷹栖町へのふるさと納税の返礼品は、6つのコースから選ぶことができます。内容としては寄附金額が、10,000円以上32商品、15,000円以上4商品、20,000円以上2商品、30,000円以上2商品、40,000円以上2商品、50,000円以上では1商品が準備されています。商品には、米では鷹栖産ななつぼしやゆめぴりか、肉類では鷹栖牛など特産品が多く取り揃えられており、中でも、トマトジュース「オオカミの桃」は人気商品になっています。商品の特徴としてはラインナップに鷹栖にこだわって作られた陶芸品があり、150,000円以上、20,000円以上のコースは全商品が陶芸品となります。
最も高額となる50,000円以上では、商品に木工クラフトが設けられており、数量10個の限定品になっています。

鷹栖町の紹介とふるさと納税の推移

人口7,140人を擁する鷹栖町は、北海道のほぼ中央に位置し、北海道第二の都市である旭川市に隣接するなどベッドタウンとしての機能を持つ町です。町域は広大な田園風景を持つ盆地にあり、大雪山や十勝連邦を一望できる町でもあります。主産業としては野菜作りが多く行われており、中でもトマトジュースは高額ながらも人気商品となっています。
鷹栖町のふるさと納税は平成22年の680,000円を除き、初年度平成20年の6件1,250,000円の寄附額から平成24年の2,870,000まで徐々に増加をしています。大きく変化をしたのが平成25年になり、ここでは、1,927件に対して22,146,500円の寄附が寄せられています。翌26年も35,266,001円に増加をしており、平成27年においては4,077件に対して67,440,204円と大幅に上昇をしています。

行われる事業内容と実績について

北海道鷹栖町におけるふるさと納税の使途は、大きく、次代のふるさとを担う子どもたちの活動事業、ふるさとの自然や環境を守る活動事業、心豊かなふるさとの人々を育む活動事業、ふるさとを築いた高齢者の福祉活動事業、その他町長が必要と認める事業の5つがあります。
平成27年における実績は、その他町長が認める事業が最も多く活用されています。2番目としては次代のふるさとを担う子どもたちの活動事業があり、具体的には、保育園の園庭遊具の更新や、子育て支援センターや保育園の知育教材の購入、小学校スクールバンドや中学校吹奏楽部の楽器購入として、集計時点で5,652,000円の寄附金が活用されています。
最も少ない事業としては心豊かなふるさとの人々を育む活動事業が該当し、約60万円程度の寄附金が活用されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう