新十津川町が行うふるさと納税の内容

北海道新十津川町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

新十津川町の紹介とふるさと納税の推移

新十津川町は、北海道のほぼ中央部にある空地地方でも中部に位置し、西部に暑寒連峰を持つ平坦な地形にあります。札幌市と旭川市のほぼ中間にあり、人口は平成28年時点で6,787人を有し農業を主産業とする町でもあります。特に米作りには力を入れており、観光PRキャラクターも米がモチーフとして使われています。
新十津川町のふるさと納税は、制度初年平成20年では8件に対して335,000円の寄附が寄せられましたが、22年の9件640,000円から増加をしており、24年、25年ともに100万円以上となっています。平成26年には846件の寄附にたいして7,548,000円の寄附が寄せられており、翌27年には6,339件で81,419,674円と大幅に増加をしています。

ふるさと納税で行われる事業と寄附内容

北海道新十津川町では、ふるさと納税の活用事業として4つの内容を掲げており、それぞれ、具体的な項目を明記しています。事業は大きく、自然環境の保全及び町並み景観の向上に資する事業、子どもの健全育成に資する事業、終着駅周辺整備に資する事業、観光事業の振興に資する事業となります。
新十津川町のふるさと納税は使途指定を行うことができ、平成27年度の実績に関しては、子どもの健全育成に対して2,176件で26,559,000円、町長おまかせとして1,535件で26,944,000円の寄附が寄せられており、3番目として1,658件18,076,500円で自然環境の保全・景観の向上が続いてます。
平成28年度においては経過が公表されており、現時点の実績としては町長へのおまかせが85件の寄附件数で1,540,000円とトップとなっています。

贈られる返礼品について

北海道新十津川町では、ふるさと納税の返礼品として3つのコースを設けており、1万円以上の寄附で、新十津川町以外に居住している人を対象として商品が贈られます。
用意されている商品は、米どころ新十津川町をよく現した内容となっており、10,000円以上では、ゆめぴりか5kgx1袋、ななつぼし5kgx2袋、ななつぼし玄米10kgを始めとして、玉ねぎ、生シイタケ、スイートコーン、ミニトマトなど多くの農産物や、他にも肉類などがラインナップされています。種類としては25商品あり、最も品揃えが多い内容となります。
30,000円以上4商品では宿泊券が中心となり、他に1商品のみハム・ソーセージセットが準備されています。3つ目となる100,000円以上では商品は米1商品となり、ここでは定期便として20kgのななつぼしが年6回に渡って届けられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう