新得町が行うふるさと納税の内容

北海道新得町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

新得町の紹介とふるさと納税の推移

新得町は、北海道十勝総合振興局管内に位置し、総面積の約90%を森林地帯に持つ町です。森林地帯の3分の2が大雪山国定に指定されており、近年においては北海道でも有数のリゾート地として知られています。人口は6,285人を有し、町村としては全国でも4番目となる広大な広さを持つ町でもあります。
新得町のふるさと納税は、制度初年平成20年では17件で6,993,000円の寄附が寄せられています。その後、翌21年は29件3,120,000円、22年には32件3,920,000円、23年には23件2,735,000円と減少傾向にありました。しかし、平成25年の1,424,000円を境に翌26年には4,882件で71,705,006円と大幅に増加をしており、平成27年においても4,232件の寄附に対して68,339,243円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税で行われる事業と申込方法

北海道新得町では、ふるさと納税の活用に関して、目的に応じて基金の積立等を行っており、現在では、6事業に関して寄附金が利用されています。内容として、森林、水資源等に関する事業、街並みの美化に関する事業、公共施設に関する事業、地域振興に関する事業、町長にお任せ、歴史的な建物の保存があり、保育園の整備や子育て、福祉、観光振興など具体的な内容に沿って活用されます。
寄附の方法に関しては、寄附申込サイト「ふるさとチョイス」を利用する方法と、「寄附申込書」による郵便・FAX・Emailを利用する方法があり、郵送による窓口は役場内新得町観光協会となります。寄附金払込はクレジット、ゆうちょ銀行、指定金融機関、指定外金融機関、現金書留、現金持参があり、指定外金融機関では振込手数料が別途必要になります。また、クレジットに関しては、現在、9カードの利用が可能となっています。

ふるさと納税で贈られる返礼品の内容

新得町では、寄せられた寄附金額に応じて、寄附者に対して返礼品の贈呈を行っています。
設けられているコースは、10,000円以上27商品、20,000円以上7商品、30,000円以上6商品、60,000円以上1商品、150,000円以上1商品の6つがあり、何回でも申込をすることが可能となっています。
商品には番号が付けられており、例えば、10,000円以上20,000円未満の場合には1000番台の商品から1点を選ぶようになり、20,000円以上30,000円未満では2000番台から1点、または1000番台から2点を選ぶことができ、組み合わせは自由に行うことができます。
商品は新得町の特産品が用意されており、ソバや地鶏、天然水など多くの商品があります。中でも150,000円以上で贈られるスピーカーは高品質で、製造にも1ヵ月ほどかかる商品となります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう