白糠町が行うふるさと納税の内容

北海道白糠町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

白糠町の紹介とふるさと納税の推移

白糠町は、北海道釧路総合振興局管内西部に位置し、太平洋に面する人口8,247人を有する町です。林業や、漁業、工業、酪農が盛んに行われており、地域は釧路市に挟まれているために、現在、白糠町全体が釧路・白糠次世代エネルギー特区に指定されています。農業面においては鍛高地区のシソを使った焼酎が広く知られており、全国でも販売が行われています。
白糠町のふるさと納税は、制度初年平成20年には11件に対して1,940,000円の寄附が寄せられています。その後若干の推移はあるものの平成23年には11件で12,1950,000円と大きく増加をし、平成26年の15件2,055,000円までへと徐々に減少をしています。しかし、平成27年には大幅な増加をしており、6,953件に対して159,034,105円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税で行われる事業と申込について

北海道白糠町では、ふるさと納税の使途に関して5つの事業を設けており、寄附者は自分が希望をした事業を指定して寄附をすることができます。白糠町の事業の特徴の1つに6つ目として町に使途内容を依頼する項目があり、ここでは、「白糠町おまかせ」という名称で明記がなされています。
他の5つに関しては目的内容にそって事業名が設けられており、ふるさと「しらぬか」の魅力あるまちづくり事業、活力に満ちた産業づくり事業、健康で思いやりのある社会づくり事業 、希望あふれる人づくりのための教育事業 、ふるさと「しらぬか」の豊かな自然環境保護のための事業があります。
申込は、ふるさと納税ポータルサイトの「ふるさとチョイス」を利用する方法と、ファックスや郵送による方法があります。寄附申込書の入手に関しては、ExcelとPDFの2つが用意してあり、窓口は白糠町役場企画財政課になります。

ふるさと納税で贈られる返礼品

北海道白糠町では、ふるさと納税に関して、町外在住の個人、1回10,000円以上の寄附金を対象として返礼品を設けています。
白糠町では返礼品に関して多くの商品をラインナップしており、コースは10,000円以上から800,000円以上まで、全部で9つが設けられています。商品数としては、例えば、10,000円以上では30商品、20,000円以上では19商品と、充実した内容となっています。商品は、特産品となる海産物や、しらぬか牛を中心として構成されており、中でもシシャモは高い人気があります。20,000円以上からは「神輿毛がに」とネーミングされた商品も加わり、魅力的なラインナップとなっています。
高額商品としては、チャーター船による海釣りやエゾ鹿ハンティングなどがあり、最も高い800,000円以上では埋もれ木1本で作られた座卓が贈られます。

白糠町の紹介とふるさと納税の推移

白糠町は、北海道釧路総合振興局管内西部に位置し、太平洋に面する人口8,247人を有する町です。林業や、漁業、工業、酪農が盛んに行われており、地域は釧路市に挟まれているために、現在、白糠町全体が釧路・白糠次世代エネルギー特区に指定されています。農業面においては鍛高地区のシソを使った焼酎が広く知られており、全国でも販売が行われています。
白糠町のふるさと納税は、制度初年平成20年には11件に対して1,940,000円の寄附が寄せられています。その後若干の推移はあるものの平成23年には11件で12,1950,000円と大きく増加をし、平成26年の15件2,055,000円までへと徐々に減少をしています。しかし、平成27年には大幅な増加をしており、6,953件に対して159,034,105円の寄附金が寄せられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう