足寄町が設けるふるさと納税の内容

北海道足寄町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

足寄町の紹介とふるさと納税の推移

足寄町は、北海道十勝総合振興局管内の足寄郡にあり、十勝の北東となる内陸部に位置します。地域は概ね山麓で構成されますが広大な広さを有し、北海道では第2位、町としては全国1位の面積を誇ります。総人口は2016年時点で7,150人となっており、農業や林業が盛んな地域でもあります。
足寄町のふるさと納税は、制度初年度の平成20年では、寄附件数16件に対して977,900円の寄附が寄せられています。平成21年には件数6、寄附額255,000円に減少しますがその後増加をしており、平成22年から平成25年までは1千万円の間で推移をしています。大幅な増加が見られるのは平成26年からとなり、ここでは、3,905件で51,461,000円の寄附が寄せられています。また翌年27年には1億円を突破しており、12,725件で168,120,209円の寄附になっています。

ふるさと納税で選べる事業内容

足寄町では寄附者が使途を指定してふるさと納税を行うことができます。
事業内容には10項目が掲げられており、まず、農林業の担い手育成や生産性向上のための、地域産業の振興を支援する事業があります。2つ目には観光資源の活用と、農林業と連携した体験・滞在型観光などを進めるための、観光の振興に関する事業があります。
3つ目に、雌阿寒岳・オンネトー等の自然環境保全及び活用に関する事業があり、4つ目としては花と緑があふれるまちづくりに関する事業があります。他には、次代を担う子供たちを育む事業や、高齢者の安心な暮らしを守る事業、地域団体、NPO等の主体的な地域づくりを支援する事業、地球温暖化の防止に関する事業や、芸術や文化の振興に関する事業があります。
事業はそれぞれに具体的な内容が掲げられているために、寄附者にも内容が理解しやすいものとなっています。

贈られる返礼品の内容

足寄町でがふるさと納税に設けている返戻品は、北海道を感じさせる地域特産品となっています。豊富な商品が取り揃えられており、現在では、コースだけでも1万円以上から56万円以上まで、全部で12コースがあります。また、コース内だけでなく寄附額の範囲内であれば各コースから商品を組合せることができるために、好きな商品がより選びやすくなっています。
各コースとも商品数は充実しており、例えば、最も寄附しやすい1万円以上コースでは40商品がラインナップされています。具体的には、ジャガイモ、チーズ、牛乳、ヨーグルト、ラムネ、焼酎、名産となるラワンぶきなどがあり、どれもが地域を代表する商品になっています。ただし、農産物の中には品切れ品もあり、希望する場合には事前に情報を入手し早めに手続きを行う必要があります。

足寄町の紹介とふるさと納税の推移

足寄町は、北海道十勝総合振興局管内の足寄郡にあり、十勝の北東となる内陸部に位置します。地域は概ね山麓で構成されますが広大な広さを有し、北海道では第2位、町としては全国1位の面積を誇ります。総人口は2016年時点で7,150人となっており、農業や林業が盛んな地域でもあります。
足寄町のふるさと納税は、制度初年度の平成20年では、寄附件数16件に対して977,900円の寄附が寄せられています。平成21年には件数6、寄附額255,000円に減少しますがその後増加をしており、平成22年から平成25年までは1千万円の間で推移をしています。大幅な増加が見られるのは平成26年からとなり、ここでは、3,905件で51,461,000円の寄附が寄せられています。また翌年27年には1億円を突破しており、12,725件で168,120,209円の寄附になっています。

ふるさと納税で選べる事業内容

足寄町では寄附者が使途を指定してふるさと納税を行うことができます。
事業内容には10項目が掲げられており、まず、農林業の担い手育成や生産性向上のための、地域産業の振興を支援する事業があります。2つ目には観光資源の活用と、農林業と連携した体験・滞在型観光などを進めるための、観光の振興に関する事業があります。
3つ目に、雌阿寒岳・オンネトー等の自然環境保全及び活用に関する事業があり、4つ目としては花と緑があふれるまちづくりに関する事業があります。他には、次代を担う子供たちを育む事業や、高齢者の安心な暮らしを守る事業、地域団体、NPO等の主体的な地域づくりを支援する事業、地球温暖化の防止に関する事業や、芸術や文化の振興に関する事業があります。
事業はそれぞれに具体的な内容が掲げられているために、寄附者にも内容が理解しやすいものとなっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう