倶知安町が行うふるさと納税の内容

北海道倶知安町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

倶知安町の紹介とふるさと納税の推移

倶知安町は、蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山を南に、西にニセコ連邦と、自然環境に恵まれた町です。北海道の中でも早くからスキーの町宣言をしたことでも知られており、「東洋のサンモリッツ」とも呼ばれています。人口は平成28年現在で15,307人を有し、観光業が盛んで日本国外からも多くの観光客が訪れる町となっています。
倶知安町のふるさと納税は、初年平成20年においては7件に対して446,150円の寄附金でしたが、翌21年には19件4,337,000円と大幅に増加をしています。24年までは300万円台で推移するものの平成25年には1,000万円を超えており、直近となる平成27年においては、485件の寄附に対して18,446,194円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税で行う事業内容

北海道倶知安町では、寄せられた寄附金に関して8つの事業を掲げています。内容は地域性から観光に関係する事業が半分を占めており、 北海道新幹線倶知安駅及び駅周辺整備に関する事業 、環境・景観保全に関する事業 、国際観光リゾート地創出に関する事業 、「スキーの町」振興に関する事業 がその4事業となります。他の4事業に関しては町民の生活や将来に対しての内容となり、安心して暮らせる福祉環境づくりに関する事業 、子育て支援体制の充実に関する事業 、子どもの教育の充実に関する事業 、寄附者が指定する事業 があります。寄附者が指定する内容には、除雪関連や農業振興、公園の維持管理などがあり、ここでは、寄附をしたい内容を指定することができます。
寄せられた寄附金は、事業指定が無い場合には町長が使い道を指定することで活用が行われます。

ふるさと納税の返礼品の紹介

倶知安町では、ふるさと納税に対して町ならではの返礼品を多数用意しています。寄附者は寄附金額によって3つのコースから商品を選ぶことができ、金額内であれば組み合わせての依頼もすることができます。
設けられているコースは、10,000円以上で19商品、20,000円以上で1商品、3万円以上で5商品ががあり、中でも商品となっているじゃやいもは倶知安町を代表する特産品の1つになります。
商品には、町で獲れた米やオーガニック野菜、町で栽培された酒米「彗星」で作られた日本酒などがラインナップされており、20,000円以上の寄附金に対しては、リフトゴンドラ券やラフティングなどのアフトドアスポーツに関係した返礼品もあります。
倶知安町が設けて返礼品では、オーガニック野菜などは品切れになることもあり、希望する場合には早めの申込が必要になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう