釧路市で設けているふるさと納税の紹介

北海道釧路市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

釧路市の概要について

釧路市は人口約17万5,000人を有する北海度では第4位の地方都市です。道東では政治経済の中心となっており、市内には道東地方を管轄する国や北海道の出先機関が多数設置されています。2014年には人口の減少から全域が過疎地域に指定されましたが、国際バルク戦略港湾に選定された釧路港を持つなど、地域は多くの工場や発電所を擁する臨海工業都市になっています。また、道東では唯一定期国際便が就航する釧路湖空港を持ち、地域に釧路湿原国立公園や阿寒国立公園を持つなど、自然にも恵まれた地方都市になっています。
釧路市は北海道の太平洋側に位置しており、冷涼な気候を持つ地域になっています。反面、秋、冬、春は日照時間が比較的長く、1年を通じての日照時間は札幌や東京よりも多いという特徴を持ちます。

釧路市がふるさと納税の内容について

釧路市がふるさと納税で行う事業内容は、まず、市政全般に関する内容があり、ここでは活力ある環境・交流都市を目指しての各種施策や事業の展開に寄附金が活用されます。次に、学校教育の振興があり、奨学金の貸与、学校教育の振興に活用されます。3つ目としてはスポーツの普及や振興、市民文化や社会教育の充実に活用される障害学習の振興があり、4つ目としては動物園の充実への活用があります。
事業内容に関しては、他にも、保険・医療の充実や、福祉の充実、街づくりの整備、阿寒地域の振興、音別地域の振興といった事業内容があり、多くの事業で寄附されたふるさと納税が活用されます。
釧路市では、寄附されたふるさと納税返戻品に対して返戻品を設けています。ここでは5万円以上10万円未満から30万円以上まで4つのコースが設けられており、北海道や釧路ならではの商品を選ぶことができます。

釧路市のふるさと納税の申込と払込方法

釧路市のふるさと納税の納付には、ふるさと納税申込書を利用することになり、用紙は郵便、ファックス、電子メールのいずれかで釧路市役所都市経営課までに送ることになります。
実際の納付方法としては、まず、送付された納付書で金融機関の窓口で振込をする方法があり、現在9つの金融機関での対応が可能となっています。2つ目としては郵便局の窓口を利用する方法があります。他にはインターネットを利用してのクレジット払いが利用でき、いずれの方法も手数料は不要となります。
4つ目としては、釧路市から振込口座を郵送してもらい口座振替による方法があり、ここでは振込手数料がかかることになります。振込では現金書留でも行うことができ、この場合にはふるさと納税申込書を同封して、市役所まで送付をする方法になります。

釧路市の概要について

釧路市は人口約17万5,000人を有する北海度では第4位の地方都市です。道東では政治経済の中心となっており、市内には道東地方を管轄する国や北海道の出先機関が多数設置されています。2014年には人口の減少から全域が過疎地域に指定されましたが、国際バルク戦略港湾に選定された釧路港を持つなど、地域は多くの工場や発電所を擁する臨海工業都市になっています。また、道東では唯一定期国際便が就航する釧路湖空港を持ち、地域に釧路湿原国立公園や阿寒国立公園を持つなど、自然にも恵まれた地方都市になっています。
釧路市は北海道の太平洋側に位置しており、冷涼な気候を持つ地域になっています。反面、秋、冬、春は日照時間が比較的長く、1年を通じての日照時間は札幌や東京よりも多いという特徴を持ちます。

釧路市がふるさと納税の内容について

釧路市がふるさと納税で行う事業内容は、まず、市政全般に関する内容があり、ここでは活力ある環境・交流都市を目指しての各種施策や事業の展開に寄附金が活用されます。次に、学校教育の振興があり、奨学金の貸与、学校教育の振興に活用されます。3つ目としてはスポーツの普及や振興、市民文化や社会教育の充実に活用される障害学習の振興があり、4つ目としては動物園の充実への活用があります。
事業内容に関しては、他にも、保険・医療の充実や、福祉の充実、街づくりの整備、阿寒地域の振興、音別地域の振興といった事業内容があり、多くの事業で寄附されたふるさと納税が活用されます。
釧路市では、寄附されたふるさと納税返戻品に対して返戻品を設けています。ここでは5万円以上10万円未満から30万円以上まで4つのコースが設けられており、北海道や釧路ならではの商品を選ぶことができます。

釧路市のふるさと納税の申込と払込方法

釧路市のふるさと納税の納付には、ふるさと納税申込書を利用することになり、用紙は郵便、ファックス、電子メールのいずれかで釧路市役所都市経営課までに送ることになります。
実際の納付方法としては、まず、送付された納付書で金融機関の窓口で振込をする方法があり、現在9つの金融機関での対応が可能となっています。2つ目としては郵便局の窓口を利用する方法があります。他にはインターネットを利用してのクレジット払いが利用でき、いずれの方法も手数料は不要となります。
4つ目としては、釧路市から振込口座を郵送してもらい口座振替による方法があり、ここでは振込手数料がかかることになります。振込では現金書留でも行うことができ、この場合にはふるさと納税申込書を同封して、市役所まで送付をする方法になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう