上川町が設けるふるさと納税の内容

北海道上川町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

上川町の紹介とふるさと納税の推移

上川町は、北海道のほぼ中央となる大雪山国立公園北部に位置し、雄大な自然に囲まれた町です。人口は3,834人を有し、総面積は1,049.24㎢の広さを持っています。上川町には北海道有数となる層雲峡温泉や、日本一とも言われる紅葉が広く知られています。産業は酪農や観光業を中心として行われており、中でもアンガス種の肉用牛は高い人気があります。
上川町のふるさと納税は、制度初年度平成20年の実績は0となっています。21年も2件60,000円、22年4件45,000円と少なく、平成23年の18件1,295,000円から初めて寄附の動きを見ることができます。大幅に増加をしたのは平成25年の30件15,580,000円があり、その後、26年は59件10,930,000円、27年では563件の寄附に対し23,290,000円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税の事業内容と寄附の手続き

北海道上川町では、ふるさと納税に行う事業を定めています。
寄附金の活用は8つの事業に対して行われ、内容としては、大雪山国立公園を含む自然環境の保全及び景観の維持と再生、町民の健康増進及び福祉の向上、安全・安心の施策、産業の振興及び魅力ある観光振興、省資源・省エネルギー化の推進、教育・文化・スポーツ活動の充実、町民によるまちづくり活動の推進、その他目的達成のために町長が必要と認めた事業があります。
寄附の手続きは、上川町ではふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から行うようになります。寄附金の納付に関しては、郵便振替、口座振込の2つの方法があり、郵便振替に限り手数料が無料となっています。口座振込の場合には金融機関が指定されており、振込には手数料を負担する必要があります。

贈られれる返礼品の内容

上川町のふるさと納税の返礼品のコースは数が多く、現在、10,000円以上から1,000,000円以上まで、全部で11のコースが設けれています。特徴としては寄附金額に応じてポイントが付与されることがあり、寄附者は送付された「ふるさと納税寄附金謝礼品カタログ」の中から、ポイントに応じて商品を選ぶことになります。例えば、10,000円以上の場合には50ポイントとなり、交換有効期限としては2年間となっています。
上川町が取り揃えている商品は地域性を前面に現した内容になっており、乳製品や農産物など、多くの特産品がラインナップされています。特徴としてトラベル関係が多いことがあり、コースによっては宿泊クーポンも用意されています。中でも最も高額となる1,000,000円以上はユニークで、ここでは養殖池オーナー権となり、1年間にわたり魚のオーナーになることができます。

贈られれる返礼品の内容

上川町のふるさと納税の返礼品のコースは数が多く、現在、10,000円以上から1,000,000円以上まで、全部で11のコースが設けれています。特徴としては寄附金額に応じてポイントが付与されることがあり、寄附者は送付された「ふるさと納税寄附金謝礼品カタログ」の中から、ポイントに応じて商品を選ぶことになります。例えば、10,000円以上の場合には50ポイントとなり、交換有効期限としては2年間となっています。
上川町が取り揃えている商品は地域性を前面に現した内容になっており、乳製品や農産物など、多くの特産品がラインナップされています。特徴としてトラベル関係が多いことがあり、コースによっては宿泊クーポンも用意されています。中でも最も高額となる1,000,000円以上はユニークで、ここでは養殖池オーナー権となり、1年間にわたり魚のオーナーになることができます。

上川町の紹介とふるさと納税の推移

上川町は、北海道のほぼ中央となる大雪山国立公園北部に位置し、雄大な自然に囲まれた町です。人口は3,834人を有し、総面積は1,049.24㎢の広さを持っています。上川町には北海道有数となる層雲峡温泉や、日本一とも言われる紅葉が広く知られています。産業は酪農や観光業を中心として行われており、中でもアンガス種の肉用牛は高い人気があります。
上川町のふるさと納税は、制度初年度平成20年の実績は0となっています。21年も2件60,000円、22年4件45,000円と少なく、平成23年の18件1,295,000円から初めて寄附の動きを見ることができます。大幅に増加をしたのは平成25年の30件15,580,000円があり、その後、26年は59件10,930,000円、27年では563件の寄附に対し23,290,000円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税の事業内容と寄附の手続き

北海道上川町では、ふるさと納税に行う事業を定めています。
寄附金の活用は8つの事業に対して行われ、内容としては、大雪山国立公園を含む自然環境の保全及び景観の維持と再生、町民の健康増進及び福祉の向上、安全・安心の施策、産業の振興及び魅力ある観光振興、省資源・省エネルギー化の推進、教育・文化・スポーツ活動の充実、町民によるまちづくり活動の推進、その他目的達成のために町長が必要と認めた事業があります。
寄附の手続きは、上川町ではふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」から行うようになります。寄附金の納付に関しては、郵便振替、口座振込の2つの方法があり、郵便振替に限り手数料が無料となっています。口座振込の場合には金融機関が指定されており、振込には手数料を負担する必要があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう