乙部町が行うふるさと納税の内容

北海道乙部町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

乙部町の紹介とふるさと納税の推移

乙部町は、北海道桧山支庁管内のほぼ中央、渡島半島の西部に位置し、日本海に面した町です。人口は4,058人を有し、町面積は162.5㎢の広さを持ちます。対馬海流の影響から北海道では比較的温暖な気候を持ち、水産業を中心として農業も盛んに行われています。自然環境にも恵まれており、中でも元和台海浜公園にある海のプールは、環境省の快水浴場百選に北海道からは唯一指定を受けています。
乙部町のふるさと納税は、制度初年平成20年では寄附9件に対して725,000円の寄附金が寄せられています。その後平成23年までは減少を続け、平成24年が2件で100,000円、25年も2件で200,000円になっています。しかし、平成26年には25件で3,170,000に増加をしており、27年においては30件の寄附に対して15,500,000円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税の申込方法

乙部町におけるふるさと納税は、他の自治体で見られる使途の指定ができない内容になります。
申込では、ダウンロードか、町に依頼をして寄附金納付申込書を送付してもらうことになります。記載をして町に送付をすることで納入通知書が送られ、希望者は振込等、定められた方法で寄附金を支払います。
乙部町ふるさとの寄附金納付申請書の内容は、記載事項として、寄附金の使途、寄附金の額、寄附する場所、寄附の内容公表、意見等、の順となります。考慮点としは、まず、事業指定ができないことがあり、次に、寄附金額は5,000円以上となっている点があります。
場所に関しては、郵便振込、銀行振込、役場窓口払いがあり、郵便振込では振替用紙が送付されます。銀行振込では、所定金融機関外の場合には振込手数料がかかることになります。

ふるさと納税で遅れられる返礼品の内容

乙部町では寄附金に対しての返礼品として、現在、3つのコースを設けています。他の自治体と異なるのは寄附額に範囲が無く限定されている点があり、ここでは、10,000円、30,000円、50,000円、100,000円に商品が準備されています。
10,000円には13商品、30,000円には9商品、50,000円には5商品、100,000円には3商品がラインナップされており、例えば10,000には、季節限定となるアスパラや、ハチミツ、塩ウニ、するめセットなどバラエティに富んだ内容となります。中でもハチミツは、住民有志や地元漁協、森林組合、町教委などでつくる「乙部町魚つきの森づくり協議会」が取り組んだ商品であり、アカシアやトチを蜜源として丁寧に造りだされた乙部産100%の逸品となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう