赤平市が行うふるさと納税の内容

北海道赤平市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

赤平市のふるさと納税の推移

赤平市は、北海道の空地地方の中部に位置し、かつては石炭産業で隆盛を極めた街です。赤平市の歴史は明治24年の開拓から始まっており、依頼、平成6年に最後の一山が閉山されるまで炭鉱を中心として発展してきました。現在ではピーク人口約6万人から1万人まで減少はしたものの、地域経済の建て直しに取り組んでおり、自然とのふれあいと共に炭鉱産業遺産を生かした観光に力を入れています。
赤平市のふるさとの納税は、制度初年度から額が多く、平成20年では82件で11,906,200円の寄附が寄せられています。平成22年には20件3,264,800円、平成24年には35件3,027,000円に減少するもののその後は増加をしており、最近のデータとなる平成27年においては、4月~9月末の期間で824件53,010,000円が寄せられ、人気のある自治体となっています。

ふるさと納税で行われる事業内容

北海道の赤平市は、ふるさと納税の使途として、現在3つの活動内容を掲げています。まず、命と健康を守るため地域医療の充実を図る事業があり、ここでは、医療機器整備・医師、看護師確保対策・医療施設改修などの地域医療の充実を図るために寄附金が活用されます。
2つ目としては子どもたちが元気で健やかに育つための事業があります。事業は子どもたちが元気で健やかに育つことを目的として設けられており、図書購入・食育・児童福祉施設改修・教育施設改修などが行われます。
3つ目には、市民自らのまちづくりに資する事業があります。ここでは、市民自らのまちづくりに関してふるさと納税が活用され、あかびら火まつり・らんフェスタ・産業フェスティバルなどの、地域の様々なイベントが対象になります。

贈られる返戻品について

赤平市が用意するふるさと納税の返戻品は、数が多く、地域ならではの魅力的な商品が揃えられています。
コースの数は1万円以上から50万円以上まで8つがあり、まず、1万円以上では、畜産加工品、菓子・スイーツ、生活雑貨、米2種、2万円以上では生活雑貨4種、米2種となります。3万円以上では生活雑貨2種、米2種、5万以上では、美容、花・苗木、工芸品、生活雑貨2種、米2種、10万円以上は生活雑貨3種、工芸品、米2種となります。
20万円以上では生活雑貨、ファッション、工芸品、米2種、30万円、50万円以上はファッション関連の商品が贈られます。
返戻品の特徴の1つに、米の全てに北海道赤平市産ゆめぴりか、キタクリンが設けられていることがあり、因みに30万円以上では鞍ショルダーバッグ、50万円以上はヌメ革とソフトレザーを使用したボストンバックが贈られます。

赤平市のふるさと納税の推移

赤平市は、北海道の空地地方の中部に位置し、かつては石炭産業で隆盛を極めた街です。赤平市の歴史は明治24年の開拓から始まっており、依頼、平成6年に最後の一山が閉山されるまで炭鉱を中心として発展してきました。現在ではピーク人口約6万人から1万人まで減少はしたものの、地域経済の建て直しに取り組んでおり、自然とのふれあいと共に炭鉱産業遺産を生かした観光に力を入れています。
赤平市のふるさとの納税は、制度初年度から額が多く、平成20年では82件で11,906,200円の寄附が寄せられています。平成22年には20件3,264,800円、平成24年には35件3,027,000円に減少するもののその後は増加をしており、最近のデータとなる平成27年においては、4月~9月末の期間で824件53,010,000円が寄せられ、人気のある自治体となっています。

贈られる返戻品について

赤平市が用意するふるさと納税の返戻品は、数が多く、地域ならではの魅力的な商品が揃えられています。
コースの数は1万円以上から50万円以上まで8つがあり、まず、1万円以上では、畜産加工品、菓子・スイーツ、生活雑貨、米2種、2万円以上では生活雑貨4種、米2種となります。3万円以上では生活雑貨2種、米2種、5万以上では、美容、花・苗木、工芸品、生活雑貨2種、米2種、10万円以上は生活雑貨3種、工芸品、米2種となります。
20万円以上では生活雑貨、ファッション、工芸品、米2種、30万円、50万円以上はファッション関連の商品が贈られます。
返戻品の特徴の1つに、米の全てに北海道赤平市産ゆめぴりか、キタクリンが設けられていることがあり、因みに30万円以上では鞍ショルダーバッグ、50万円以上はヌメ革とソフトレザーを使用したボストンバックが贈られます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう