江別市が行うふるさと納税の内容

北海道江別市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

江別市の紹介とふるさと納税の推移

北海道江別市は石狩平野のほぼ中央に位置し、人口119,299人、面積は東京23区の約30%にあたる187.38㎢を有する市です。西に札幌市に隣接するなどベッドタウンとしての機能を持ち、最高地点でも標高93mと非常に平坦な地域でもあります。自然にも恵まれており、中でも野幌森林公園は2,053haという広さを誇ります。
江別市のふるさと納税は、制度初年となる平成20年には寄附22件に対して2,290,000円の寄附が寄せられています。21年は6件209,000に減少をするものの翌22年には4,344,000円となり、25年までは毎年100万円強の寄附で推移をしています。平成26年には105件に対して2,572,350円の寄附が寄せられており、27年においては寄附2,145件に対して25,829,965円と、大幅に増加をしています。

ふるさと納税で行われる事業内容

北海道江別市では、ふるさと納税の活用として、自然や環境、産業、福祉や健康・医療、安心・安全、都市基盤、子育てや教育、生涯学習・文化、各種団体との協働、市政運営の計画促進に関する内容を掲げています。
平成28年度のおいてははふるさと納税活用予定事業として発表しており、ここでは具体的事業名として、高校生就職支援事業、経済活動広報事業、商店街参入促進事業、都市と農村交流施設建設事業、公共交通利用促進対策事業、住宅取得支援事業、スポーツ合宿誘致推進事業、市内大学等インターンシップ事業、大学連携調査研究助成事業、大学連携学生地域活動支援事業、ウェルカム江別事業、えべつシティプロモーション事業の12の事業を設けています。
申込では、これらの中から自分が希望するものを選んで寄附をすることができ、使途を指定せずに行うことも可能となっています。

贈られる返礼品の内容

北海道江別市が用意をする返礼品には1~19までの商品となる1万円以上、A~Fまでの商品となる2万円以上の2つのコースがあります。
寄附額が1万円~2万円未満の場合には1~19から1セット、2万円~3万円未満の場合には1~19から2セットまたはA~Fから1セットを選ぶことができます。3万円以上の寄附の場合には1~19から3セットまたはそれぞれのコースから1セットずつ選ぶことができ、寄附回数に応じて1年度に何回でも申込むことができます。
商品内容としては、1万円以上、2万円以上ともに、お菓子やビール、乳製品、酒、米などバラエティに富んだ内容になっており、特産品を含めて全て江別市にゆかりのある商品が取り揃えられています。中には1ヵ月数セットと数が限定されている商品もあり、申込には事前に情報を入手しておく必要があります。

江別市の紹介とふるさと納税の推移

北海道江別市は石狩平野のほぼ中央に位置し、人口119,299人、面積は東京23区の約30%にあたる187.38㎢を有する市です。西に札幌市に隣接するなどベッドタウンとしての機能を持ち、最高地点でも標高93mと非常に平坦な地域でもあります。自然にも恵まれており、中でも野幌森林公園は2,053haという広さを誇ります。
江別市のふるさと納税は、制度初年となる平成20年には寄附22件に対して2,290,000円の寄附が寄せられています。21年は6件209,000に減少をするものの翌22年には4,344,000円となり、25年までは毎年100万円強の寄附で推移をしています。平成26年には105件に対して2,572,350円の寄附が寄せられており、27年においては寄附2,145件に対して25,829,965円と、大幅に増加をしています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう