恵庭市が設けているふるさと納税の内容

北海道恵庭市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

恵庭市の紹介とふるさと納税の推移

恵庭市は人口69,193人を有し、石狩振興局管内南部、北海道の中央西部に位置する市です。古墳などの古から歴史を持ち、1970年に恵庭市として誕生しています。主産業は農業中心ながら札幌市と新千歳空港に近いことから交通の便が良く、市名はシンボルともなる恵庭岳が由来となっています。
恵庭市のふるさと納税は、制度初年度平成20年に寄附件数2件と1,015,000円の寄附金額で始まっています。その後平成23年の7件370,045円まで減少をするものの翌年には9件の寄附件数に対して10,670,000円に増加をしています。平成26年には23件で3,067,000円と減少しますが、平成27年においては大幅に増加をしており、37件の寄附件数に対して20,563,000円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税で行う事業内容

北海道恵庭市ではふるさと納税に対して、まちづくりや子育てに力を入れたまちづくりの意味を込めて、「えにわ・花子さん愛情寄付」として取り組んでいます。
主な事業内容には、子育て支援に関する事業、水と緑と花のまちづくり推進に関する事業、広くまちづくりに関する事業の3つがあります。子育て支援では子どもの読書環境の整備と、安心・安全、健やかな成長への応援を中心として様々な取り組みが行われます。水と緑と花の事業では、「花のまち」恵庭を作るために寄附金が活用され、イベントの開催、拠点づくり、公園等の整備、河川愛護など多くの事業が行われます。
広くまちづくりに関する内容としては、提案型協働事業補助金制度 や学生版市民活動体験プログラム支援事業補助金制度があり、市民や学生による社会貢献活動に活用されます。

贈られる返礼品の種類

北海道恵庭市から贈られるふるさと納税返礼品は、シンプルな内容で構成されています。コースは1万円以上1コースのみになり、寄附金の額によって商品の数が増えていく内容になります。例えば、10,000円以上20,000円未満では1商品、20,000円以上30,000円未満では2商品となり、寄附者は多くの商品の中から組み合わせをすることができます。
現在準備されている商品は全部で34のラインナップがあります。返礼品には地域ならではの商品が取り揃えられており、全て恵庭市に因んだものばかりとなっています。
注意が必要な点としては農産物が品切れとなることがあり、希望をする場合には時期を把握した上で申込みをする必要があります。また、全ての返礼品は年何度でも申込が可能となりますが、1回5万円5品までとなります。

恵庭市の紹介とふるさと納税の推移

恵庭市は人口69,193人を有し、石狩振興局管内南部、北海道の中央西部に位置する市です。古墳などの古から歴史を持ち、1970年に恵庭市として誕生しています。主産業は農業中心ながら札幌市と新千歳空港に近いことから交通の便が良く、市名はシンボルともなる恵庭岳が由来となっています。
恵庭市のふるさと納税は、制度初年度平成20年に寄附件数2件と1,015,000円の寄附金額で始まっています。その後平成23年の7件370,045円まで減少をするものの翌年には9件の寄附件数に対して10,670,000円に増加をしています。平成26年には23件で3,067,000円と減少しますが、平成27年においては大幅に増加をしており、37件の寄附件数に対して20,563,000円の寄附が寄せられています。

贈られる返礼品の種類

北海道恵庭市から贈られるふるさと納税返礼品は、シンプルな内容で構成されています。コースは1万円以上1コースのみになり、寄附金の額によって商品の数が増えていく内容になります。例えば、10,000円以上20,000円未満では1商品、20,000円以上30,000円未満では2商品となり、寄附者は多くの商品の中から組み合わせをすることができます。
現在準備されている商品は全部で34のラインナップがあります。返礼品には地域ならではの商品が取り揃えられており、全て恵庭市に因んだものばかりとなっています。
注意が必要な点としては農産物が品切れとなることがあり、希望をする場合には時期を把握した上で申込みをする必要があります。また、全ての返礼品は年何度でも申込が可能となりますが、1回5万円5品までとなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう