枝幸町が設けるふるさと納税の内容

北海道枝幸町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

枝幸町の紹介とふるさと納税の推移

北海道枝幸町は、宗谷地方の南東部に位置するオホーツク海に面した町です。枝幸町は、平成18年に旧枝幸町と旧歌登町が合併して誕生しており、現在では8,578人の人口を有しています。町域はオホーツク海と山に挟まれた地域にあり、漁業が盛んな町でもあります。特に、町の特産品となる毛ガニは有名で、日本一の漁獲高を誇っています。
枝幸町におけるふるさと納税は、大きな特徴として、制度初年となる平成20年度から平成26年度までが非常に少ないことがあります。最も多い年でも平成24年度の寄附3件、寄附金額220,000円であり、21年度と24年度は0となっています。しかし、昨年平成27年度には爆発的に増加をしており、ここでの数字は、寄附件数15,303で寄附金額は260,708,913円と、2億円を突破しています。

枝幸町が行うふるさと納税の事業内容

北海道枝幸町では、平成27年度の寄附金に関して本年度は7月に事業内容の報告をしています。これまでの活動は、寄附金が少なかったこともあり、自然や環境、高齢者対策など5項目に対してのみ行われていましたが、平成28年度においては、7つの項目を掲げています。
概要としては、まちづくりや次の活動を実施する団体等の設立に関する内容があり、関係する様々な面に対してのサポートに寄附金が活用されます。ここでは、結婚及び子育ての援助・支援等や、観光の振興、芸術・文化・スポーツの振興、保健・福祉・医療の振興や、防災・防犯・交通安全の推進、環境保全の推進を目的として寄附金が利用され、他に、町の発展のために必要と認めれる場合に限り、活動内容として組み入れが行われます。

ふるさと納税で贈られる返礼品

北海道枝幸町がふるさと納税で設けている返戻品は、町の特産品としても有名な毛ガニが多く用意されています。海産物が非常に多く北海道ならではの品揃えとなっており、多くの商品がラインナップされています。コースとしては、10,000円以上から150,000円以上まで全部で7コースが設けられており、例えば、1万円以上コースでは、浜ゆで毛ガニ、いくら、フグ・ホタテ、鮭など、海産物加工品や他の商品も含めて、28が用意されています。次のコースとなる15,000円以上では4つの商品となり、ここでは、あざみハチミツやしころハチミツ、スイーツセットなどが準備されています。2万円以上は最も数が多く35の商品があり、そのほとんどは毛ガニを主体とした内容になっています。
ユニークなのは、3万円以上コースに雪かき用具が設けられていることがあり、3つのサイズから選ぶことができます。

枝幸町の紹介とふるさと納税の推移

北海道枝幸町は、宗谷地方の南東部に位置するオホーツク海に面した町です。枝幸町は、平成18年に旧枝幸町と旧歌登町が合併して誕生しており、現在では8,578人の人口を有しています。町域はオホーツク海と山に挟まれた地域にあり、漁業が盛んな町でもあります。特に、町の特産品となる毛ガニは有名で、日本一の漁獲高を誇っています。
枝幸町におけるふるさと納税は、大きな特徴として、制度初年となる平成20年度から平成26年度までが非常に少ないことがあります。最も多い年でも平成24年度の寄附3件、寄附金額220,000円であり、21年度と24年度は0となっています。しかし、昨年平成27年度には爆発的に増加をしており、ここでの数字は、寄附件数15,303で寄附金額は260,708,913円と、2億円を突破しています。

枝幸町が行うふるさと納税の事業内容

北海道枝幸町では、平成27年度の寄附金に関して本年度は7月に事業内容の報告をしています。これまでの活動は、寄附金が少なかったこともあり、自然や環境、高齢者対策など5項目に対してのみ行われていましたが、平成28年度においては、7つの項目を掲げています。
概要としては、まちづくりや次の活動を実施する団体等の設立に関する内容があり、関係する様々な面に対してのサポートに寄附金が活用されます。ここでは、結婚及び子育ての援助・支援等や、観光の振興、芸術・文化・スポーツの振興、保健・福祉・医療の振興や、防災・防犯・交通安全の推進、環境保全の推進を目的として寄附金が利用され、他に、町の発展のために必要と認めれる場合に限り、活動内容として組み入れが行われます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう