雨竜町におけるふるさと納税の内容

北海道雨竜町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

雨竜町の紹介とふるさと納税の推移

雨竜町は、北海道空知総合振興局管内にある人口2,681人を有する町です。町域は1889年(明治22年)に、当時、北海道最大とされる開墾によって開かれた地域の中にあり、周囲に河川があるなど肥沃な土地であることから農業が盛んな町でもあります。特に「うりゅう米」は広く知られており、町の特産品の1つになっています。
雨竜町におけるふるさと納税は、制度初年となる平成20年度において寄附件数2件で寄附金額は2,000,000円寄せられています。翌年21年度は0となり、22年度に1件1,000,000円となるものの、その後、25年度までは0で推移しています。しかし、平成26年度には寄附32件で1,310,000円の寄附が寄せられ、平成27年度においては、寄附235件、寄附金額3,694,000円に大きく増加をしています。

雨竜町が行うふるさと納税の事業

北海道雨竜町では、ふるさと納税で行う事業として5つの内容を掲げています。
1つにはふるさと創生事業があり、ここでは、人材育成や国際交流、まちづくりのための施設整備が行われます。次に住宅福祉の普及向上や健康推進を目的とした地域福祉・健康に関する事業があり、3つ目としては農業振興に関する事業があります。この3つの事業に関しては、雨竜町では基金への積立の形をとっています。
雨竜町の自然財産の1つに有名な雨竜沼湿原がありますが、4つ目の事業は雨竜沼湿原の保全に関する内容になります。ここではゲートパーク整備事業や、雨竜沼湿原登山道吊り橋等管理事業が行われます。
5つ目としては、雨竜町定住促進事業 があります。事業内容としては、出産祝い金の交付や若者定住促進があり、人口減少対策として寄附金が活用されます。

ふるさと納税で贈られる返礼品の内容

北海道雨竜町が設ける返戻品は、地域特産品としても広く知られている「うりゅう米」を中心とした商品になります。
返礼品のコースは、5,000円~5,999円、6,000円~9,999円、10,000円~19,999円、20,000円以上とシンプルで、どのコースでも誰もが気軽に寄附ができる内容になっています。
商品としては、5,000円~5,999円の場合には9種類中7種類が「うりゅう米ななつぼし」となっており、他に、日本酒や無添加漬物の素、農産加工品があります。
他のコースにおいても米を中心としてラインナップが行われており、10,000円~19,999円では米の他に、山わさびや、暑寒メロン、グリーアスパラ、トマトを選ぶこともできます。注意点としては農産物は季節限定になっている点があり、希望する場合は早めに手続きを行うことが必要です。

雨竜町の紹介とふるさと納税の推移

雨竜町は、北海道空知総合振興局管内にある人口2,681人を有する町です。町域は1889年(明治22年)に、当時、北海道最大とされる開墾によって開かれた地域の中にあり、周囲に河川があるなど肥沃な土地であることから農業が盛んな町でもあります。特に「うりゅう米」は広く知られており、町の特産品の1つになっています。
雨竜町におけるふるさと納税は、制度初年となる平成20年度において寄附件数2件で寄附金額は2,000,000円寄せられています。翌年21年度は0となり、22年度に1件1,000,000円となるものの、その後、25年度までは0で推移しています。しかし、平成26年度には寄附32件で1,310,000円の寄附が寄せられ、平成27年度においては、寄附235件、寄附金額3,694,000円に大きく増加をしています。

雨竜町が行うふるさと納税の事業

北海道雨竜町では、ふるさと納税で行う事業として5つの内容を掲げています。
1つにはふるさと創生事業があり、ここでは、人材育成や国際交流、まちづくりのための施設整備が行われます。次に住宅福祉の普及向上や健康推進を目的とした地域福祉・健康に関する事業があり、3つ目としては農業振興に関する事業があります。この3つの事業に関しては、雨竜町では基金への積立の形をとっています。
雨竜町の自然財産の1つに有名な雨竜沼湿原がありますが、4つ目の事業は雨竜沼湿原の保全に関する内容になります。ここではゲートパーク整備事業や、雨竜沼湿原登山道吊り橋等管理事業が行われます。
5つ目としては、雨竜町定住促進事業 があります。事業内容としては、出産祝い金の交付や若者定住促進があり、人口減少対策として寄附金が活用されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう