歌志内市が行うふるさと納税の内容

北海道歌志内市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

歌志内市の概要とふるさと納税の推移

歌志内市は、かつては石炭産業で隆盛を極めましたが、人口の減少とともに、現在では観光開発に力を入れている市です。人口が日本一少ない市としても知られており、地域の約75%が森林となっています。北海道のほぼ中央、石狩平野の東端の山麓地帯に位置することから自然環境に恵まれており、神威岳は市のシンボルになっています。
歌志内市におけるふるさと納税は、最初の年となる平成20年度では寄附件数10件に対して1,315,000円の寄附金が寄せられています。その後平成25年度までは概ね100万円以下の寄附金が続きますが、
平成26年度には寄附件数70件、寄附金額2,460,000円に大幅に増加をしています。平成27年度においては更に増加をしており、121件に対して4,795,000円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税で行われる事業と使途別金額

北海道歌志内市がふるさと納税で行う事業は、現在、大きく4つが掲げられています。内容としては、地域コミュニティの推進に関する事業 、子育て支援及び教育・文化とスポーツの振興に関する事業 、地域の活性化に関する事業 、その他、地域振興のため市長が必要と認める事業 となり、寄附者は希望する事業を選ぶことができます。
平成27年度に寄せられてた寄附金4,795,000円は、平成28年度に活用されることになり、件数の内訳としては、まず3項目として、地域コミュニティ関連が6件200,000円、子育て関連が29件1,550,000円、地域の活性化関連が21件で385,000円となっており、4つ目となる市長が必要と認める事業に対しては83件で2,660,000円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税で贈られる返礼品の内容

北海道歌志内市が設ける返戻品は、1万円以上の寄附をした場合に贈られます。コースとしては、1万円以上コースから、2万円以上、5万円以上、10万円以上と4つがあり、1万円以上コースには12種類、2万円以上では6種類、5万円以上では1種類、10万円以上には2種類の商品がラインアップされています。ユニークな点は書籍や化石、自然石が設けられていることがあり、例えば、1万円以上には炭鉱の記録誌があり、かつて栄えた石炭産業の推移を知ることができます。また、実際に採掘された塊炭も商品にはあり、離れて暮らす人にとっては故郷を感じることができる内容になっています。中でも、最もユニークな商品としては2万円以上コースに設けれれたアンモナイトの化石があり、実際に北海道内で採掘された化石が贈られます。

歌志内市の概要とふるさと納税の推移

歌志内市は、かつては石炭産業で隆盛を極めましたが、人口の減少とともに、現在では観光開発に力を入れている市です。人口が日本一少ない市としても知られており、地域の約75%が森林となっています。北海道のほぼ中央、石狩平野の東端の山麓地帯に位置することから自然環境に恵まれており、神威岳は市のシンボルになっています。
歌志内市におけるふるさと納税は、最初の年となる平成20年度では寄附件数10件に対して1,315,000円の寄附金が寄せられています。その後平成25年度までは概ね100万円以下の寄附金が続きますが、
平成26年度には寄附件数70件、寄附金額2,460,000円に大幅に増加をしています。平成27年度においては更に増加をしており、121件に対して4,795,000円の寄附が寄せられています。

ふるさと納税で行われる事業と使途別金額

北海道歌志内市がふるさと納税で行う事業は、現在、大きく4つが掲げられています。内容としては、地域コミュニティの推進に関する事業 、子育て支援及び教育・文化とスポーツの振興に関する事業 、地域の活性化に関する事業 、その他、地域振興のため市長が必要と認める事業 となり、寄附者は希望する事業を選ぶことができます。
平成27年度に寄せられてた寄附金4,795,000円は、平成28年度に活用されることになり、件数の内訳としては、まず3項目として、地域コミュニティ関連が6件200,000円、子育て関連が29件1,550,000円、地域の活性化関連が21件で385,000円となっており、4つ目となる市長が必要と認める事業に対しては83件で2,660,000円の寄附金が寄せられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう