和寒町が設けるふるさと納税の内容

北海道和寒町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

和寒町の紹介とふるさと納税の推移

和寒町は、北海道の中央近く名寄盆地の最南端に位置し、人口3,553人を有する町です。地勢は丘陵地が多く、農業を主産業としており、中でもカボチャは日本一の作付面積を誇ります。和寒町は地形気候性からクロスカントリーが盛んな町としても知られており、多くの国内トップクラスの選手を輩出してきた町でもあります。
和寒町のふるさと納税は、制度初年平成20年の9件1,230,000円から、ほぼコンスタントに推移をしています。22年の3,440,000円の翌23年には1,110,000円に減少をするものの、その後は順調に寄附が寄せられ、平成26年には146件の寄附に対して3,150,000円、平成27年においては433件の寄附に対して5,785,000円の寄附金が寄せれています。

ふるさと納税が活用される事業内容

北海道和寒町では、ふるさと納税を活用する事業として5つの内容を掲げています。事業には、高齢者福祉に関する事業、教育・少子化対策等に関する事業、和寒の自然環境保全に関する事業、産業振興に関する事業、町長が必要と認める事業 があります。中でも高齢者に関する事業には力を入れており、町長が必要と認める内容の中にも高齢化に伴う地域医療に関する内容が設けられています。
和寒町では、平成28年度の事業として現在4つの具体的内容と予算を掲げており、まず、高齢者の除雪支援や買い物や通院のためのハイヤー利用支援としての200万円があります。次に、図書館の図書購入費用としての200万円があり、他に、環境に優しい木質エネルギーの活用事業として100万円、農業の担い手対策にとして100万円があります。

贈られる返戻日の内容について

北海道和寒町では、現在、ふるさと納税に関して、1万円以上、3万円以上、5万円以上、30万円以上、それぞれの寄附額に応じて返礼品を贈呈しています。商品はアスパラやメロンといった和寒町の特産品を中心としたラインナップがなされており、通常商品では随時、季節限定品に関しては旬に合わせての発送か、時期から外れた場合には翌年に贈られる内容となっています。商品によっては数量が限定されているものもあり、申込をする場合には事前の確認と、早い時期に手続きを行う必要があります。
用意されている商品数は、1万円以上では15商品、3万円以上では1商品、5万円以上には2商品、30万円以上には1商品があり、5万円以上に関しては食品でなく、和寒町を身近に感じてもらうための収穫体験ツアーや、町発祥のニュースポーツでもある全日本玉入れ選手権セットが用意されています。

和寒町の紹介とふるさと納税の推移

和寒町は、北海道の中央近く名寄盆地の最南端に位置し、人口3,553人を有する町です。地勢は丘陵地が多く、農業を主産業としており、中でもカボチャは日本一の作付面積を誇ります。和寒町は地形気候性からクロスカントリーが盛んな町としても知られており、多くの国内トップクラスの選手を輩出してきた町でもあります。
和寒町のふるさと納税は、制度初年平成20年の9件1,230,000円から、ほぼコンスタントに推移をしています。22年の3,440,000円の翌23年には1,110,000円に減少をするものの、その後は順調に寄附が寄せられ、平成26年には146件の寄附に対して3,150,000円、平成27年においては433件の寄附に対して5,785,000円の寄附金が寄せれています。

贈られる返戻日の内容について

北海道和寒町では、現在、ふるさと納税に関して、1万円以上、3万円以上、5万円以上、30万円以上、それぞれの寄附額に応じて返礼品を贈呈しています。商品はアスパラやメロンといった和寒町の特産品を中心としたラインナップがなされており、通常商品では随時、季節限定品に関しては旬に合わせての発送か、時期から外れた場合には翌年に贈られる内容となっています。商品によっては数量が限定されているものもあり、申込をする場合には事前の確認と、早い時期に手続きを行う必要があります。
用意されている商品数は、1万円以上では15商品、3万円以上では1商品、5万円以上には2商品、30万円以上には1商品があり、5万円以上に関しては食品でなく、和寒町を身近に感じてもらうための収穫体験ツアーや、町発祥のニュースポーツでもある全日本玉入れ選手権セットが用意されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう