留寿都村が行うふるさと納税の内容

北海道留寿都村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

留寿都村の紹介と申込方法

留寿都村は、北海道後志総合振興局管内に位置し、人口1,940人を有する村です。村の北側には北海道を代表する山の一つ羊蹄山がそびえ、洞爺湖にも近く自然環境に恵まれた村でもあります。農業を主産業に持ち、村内ではジャガイモやアスパラガス、大根の生産が盛んに行われています。
留寿都村のふるさと納税の申込は、インターネットによる方法と寄附申込書の提出による2つの方法から行うことができます。ただし、使途を指定して寄附をしたい場合にはインターネットでは受け付けてはおらず、この場合、寄附申込書を利用することになります。
寄附金の払込に関しては、インターネットの利用では、クレジットカード、郵便振込、現金書留が使用でき、寄附申込書の場合には、郵便振込、現金書留、役場への直接持参を利用することができます。

留寿都村のふるさと納税の推移

北海道留寿都村におけるふるさと納税の推移は、制度初年度となる平成20年より直近となる平成27年まで、年度によって大きく異なる特徴があります。まず、平成20年においては寄附件数2件に対して120,000円の寄附金が寄せられており、翌21年においては0となっています。22年においては3件の寄附に対して1,070,000円の寄附金があり、23年には30,000円まで大きく減少しています。また、翌年24年には1,210,000円まで増加をするものの25年には35,000円と減少をし、大きなバラつきがあります。
ここ2年間おいては大幅に増加をしており、平成26年においては918件の寄附に対して9,395,000円の寄附金が寄せられています。平成27年には5,847件で119,703,701円と、1億円を超えるふるさと納税が行われています。

贈られる返礼品の内容について

留寿都村が用意をするふるさと納税の返礼品は、村を代表する農産物を中心として構成されています。特徴としては、多くは金額が確定されていることがあり、コースには、5,000円、10,000円、20,000円、40,000円、50,000円と、100,000円以上の6つが設けてあります。回数に制限は無く、例えば、10,000円を寄附した場合には5,000円の返礼品2つを申込むこともできるようになっています。
商品は豊富に用意されており、手軽に行うことができる5,000円ではジャガイモを中心として15商品あり、10,000円では、加工品等などを含め22商品があります。20,000円は木製トレイの2商品のみとなり、40,000円、50,000円、100,000円以上は、それぞれ1商品のみの提供となります。

贈られる返礼品の内容について

留寿都村が用意をするふるさと納税の返礼品は、村を代表する農産物を中心として構成されています。特徴としては、多くは金額が確定されていることがあり、コースには、5,000円、10,000円、20,000円、40,000円、50,000円と、100,000円以上の6つが設けてあります。回数に制限は無く、例えば、10,000円を寄附した場合には5,000円の返礼品2つを申込むこともできるようになっています。
商品は豊富に用意されており、手軽に行うことができる5,000円ではジャガイモを中心として15商品あり、10,000円では、加工品等などを含め22商品があります。20,000円は木製トレイの2商品のみとなり、40,000円、50,000円、100,000円以上は、それぞれ1商品のみの提供となります。

留寿都村の紹介と申込方法

留寿都村は、北海道後志総合振興局管内に位置し、人口1,940人を有する村です。村の北側には北海道を代表する山の一つ羊蹄山がそびえ、洞爺湖にも近く自然環境に恵まれた村でもあります。農業を主産業に持ち、村内ではジャガイモやアスパラガス、大根の生産が盛んに行われています。
留寿都村のふるさと納税の申込は、インターネットによる方法と寄附申込書の提出による2つの方法から行うことができます。ただし、使途を指定して寄附をしたい場合にはインターネットでは受け付けてはおらず、この場合、寄附申込書を利用することになります。
寄附金の払込に関しては、インターネットの利用では、クレジットカード、郵便振込、現金書留が使用でき、寄附申込書の場合には、郵便振込、現金書留、役場への直接持参を利用することができます。

留寿都村のふるさと納税の推移

北海道留寿都村におけるふるさと納税の推移は、制度初年度となる平成20年より直近となる平成27年まで、年度によって大きく異なる特徴があります。まず、平成20年においては寄附件数2件に対して120,000円の寄附金が寄せられており、翌21年においては0となっています。22年においては3件の寄附に対して1,070,000円の寄附金があり、23年には30,000円まで大きく減少しています。また、翌年24年には1,210,000円まで増加をするものの25年には35,000円と減少をし、大きなバラつきがあります。
ここ2年間おいては大幅に増加をしており、平成26年においては918件の寄附に対して9,395,000円の寄附金が寄せられています。平成27年には5,847件で119,703,701円と、1億円を超えるふるさと納税が行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう