岩見沢市が設けるふるさと納税の内容

北海道岩見沢市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

岩見沢市の概要とふるさと納税の推移

岩見沢市は北海道のほぼ中央付近にあり、空知地方支局となる空知総合振興局が置かれる人口84,057人を有する市です。空知地方でも南部、石狩平野の東部に位置しており、市域は夕張山地までの広さを持ちます。北海道内では陸上交通の要衝の1つでもあり、かつては近隣の炭鉱と各地の港湾を結ぶ列車の1大拠点としても栄えた街でもあります。
岩見沢市のふるさと納税の推移は、開始年となる20年においては、寄附件数23件に対して5,010,000円の寄附金額が寄せられてます。推移としては、翌21年には21件に対して3,298,000円、22年には41件で8,345,300円、23年には22件で3,570,000円と年度によって大きな違いがあります。
しかし、その後は大幅な上昇をしており、27年においては1,372件の寄附に対して20,042,000円の寄附金が寄せられています。

ふるさと納税の事業内容と申込方法

北海道岩見沢市ではふるさと納税の使途として、地域産業関連、健康医療関連、観光関連、文化振興関連、まちづくり関連を掲げています。事業内容としては、現在、ふるさとづくりの推進に関する事業、地域福祉に関する事業、青少年健全育成に関する事業、スポーツ・文化の振興に関する事業、農業振興に関する事業、観光振興に関する事業の6つの項目があり、寄附者は希望する事業を選ぶことができます。
申込方法に関しては、岩見沢市では2つの方法を設けています。1つ目としてはインターネットによる方法があり、ここでは、「ふるぽ」「ふるさとチョイス」の2つのサイトから申込をすることができます。2つ目としては寄附申込書による方法があり、郵送、電子メール、FAXの中から選ぶことができます。

贈られる返礼品の内容

岩見沢市ではふるさと返戻品に関して、現在1万円以上から70万円以上までの13コースを設けています。非常に数が多く、岩見沢市では「ふるさと納税謝礼品に関する問い合わせ」として、専用窓口となるJTBふるぽふるさと納税コールセンターを設けています。
各コースとも多彩なラインナップがされており、例えば1万円コースでは63もの商品が用意されています。2万円コースでも36商品あり、内容としては、米や、やきもの、銘菓、農産品、畜産品、酒、ジュースなど様々なものが提供されています。
因みに、高額コースとなる40万円以上は道産ナラ材による家具1種類になり、50万円以上では大手旅行サイトで利用できる宿泊クーポン券、最高額となる70万円以上は道産ナラ材が使用されたソファーとなっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう